「ね」か「よ」か→『バズりNIGHT』に寄せて

大野智くんのこと

いまはちゃんとビビろう!

東京ほか大都市圏に「緊急事態宣言」が出ました。

その単語がマスコミで言われるようになって、その画数と濁音の多さから、

アラジイ
アラジイ

ど、どんなことになるんだ……?

と縮み上がっていたのだが、要は(たぶん)

ちゃんと脅さないと、不要不急なのにフラフラ出歩く人たちが収まらず、その中に(たぶん)無自覚の感染者とかいて、どんどんクラスターをつくっていったら大変なことになるから!

ってことだと理解しています。

検査をもっとすべきだ!って話も依然としてありますが、ジジイの現時点での理解では、

アラジイ
アラジイ

空気感染の可能性が出てきて、ドライブスルー的な簡易的な除菌状態では検査会場で感染するケースも多いのでは?

ということです。

感染者数を隠蔽しているという話もあるけど、死者数はごまかせない(らしい)ので、その意味で言えば日本は人口比ではかなり抑えられているらしいので、このまま落ち着くことを希望しています。

つまり、四の五の言わずに自宅にいましょうね?と。
(補償の件はあるけどね)

嵐さんの新国立も…多少時期が先送りになっても…やってほしいもんね!

エレベーターホールは当面立入禁止で

そんなこんなで、3密回避だし、テレワーク推奨だし、『バズりNIGHT』みたいな若手サラリーマンが上司や得意先から呑みの席に連行されて監禁される、ということも当面ないんだろうなーと思う。

パワハラ?アルハラ?まぁ、それはそうだろうけどねー。ちょっと寂しいねー。胆力がちょっとつく、って副産物もあるんだけどねw

ジジイはそもそも酒の席が大好きなので、どんなに朝まで連行されても…いや、自分から誘って帰さなかったくらいの若い時代を送っておりました。

銀座で呑んで午前3時すぎないとタクシー捕まんないよねーみたいな時代があったからね。

しかし、ときには帰りたい日もあった気もするので、気持ちはわからんでもないw

そんな意味で、『バズりNIGHT』の世界観が最近大大大好きで、あの気が狂ったようなユーロビート?のイントロとか、設定はディスコのVIPルームとかなのかな?

てことは、今はない?工事中?の六本木スクエアビルとかの設定なのかな?

何にしても、ビジュアルが目に浮かぶ。泣き笑いw

言葉のチョイスがすごい!

で、ジジイ的に『バズりNIGHT』のどこがそんなに気に入っているかというと、

御意 御意 御意 ごもっとも
御意 御意 御意 さすがです
御意 御意 御意 明日も早いですね!?

この

アラジイ
アラジイ

明日も早いですね!?

であります!

この「ね」1文字のチョイスに、この曲のリアルが凝縮されていると激しく感動するのだ!

このシチュエーションは、上司なり得意先なりに若手サラリーマンが永遠(!)に説教とか自慢話とかされているシーンです。

ふつーは「明日も早いですよ!?」とか書いちゃうと思うんだ。

でも、共感の言葉遣いにした。

「よ」とか気づかせ用語を使ったら最後、

なんだぁ!?おめーはオレの話が聞けねーっつーのかぁ!?

とか炎上してしまう可能性が高い。

そこがサトぴょん&翔ちゃん&相葉ちゃんの保身&ギリギリの気遣いだ!

ここね、マジで味わうところだと思う!

アオ
アオ

御意!

アカ
アカ

御意!

ミドリ
ミドリ

御意!

いやー、なんて素晴らしい曲なんでしょう!御意!

 

さーて、いよいよドンペリのピンク開けちゃう?ピンク?

▼この映画、バブルのアホさとリアルな背景もわかって笑えるから必見だぜ!

タイトルとURLをコピーしました