お見合いからの嵐

嵐全般のこと

5×20ツアーお疲れさまでした!

12月25日。クリスマスをもって長かったツアーが終わったねー。今ごろ打ち上げしてるかな(さすがに遅いか)?

ジジイが初参戦して圧倒されてたのは、もう1年以上も前だ。

けっこー遠い昔に思える。

そして、そのあいだ、いろいろあったねぇ…。

年明けの発表があってから、忙しさは増すばかりで、ほんと息をつくヒマもなかったんだろうな。

今年もまだ予定が残されてるから、まだ完全にはOFFれないだろうけど、今夜くらいは目覚ましかけないで寝てほしい。

ちょっと深酒したってイイじゃない。

こーゆーとき、メンバー全員が飲めるのはいいよね。

アサヒビールさんから楽屋に差し入れされたかな?

レアなライブはクヤシイ!

今夜のライブレポート?をつまみ読みしたり、参戦した家人に感想を聞いたりしても、まぁそうだろう、そりゃそうだべ!とは思ってたけど、めちゃくちゃ盛り上がったって口をそろえる。

そして案の定めちゃくちゃクヤシイwww

大千秋楽は、サトぴょんが涙ぐんだり、そのときにニノがハンカチ?ティッシュ?を渡したり、MJ様が

ムラサキ
ムラサキ

9時半以降は東京ドーム音出せないんだよ!

と繰り返されるアンコールにも関わらず出てきて「説明」をし、

アカ
アカ

気をつけて帰ってください。帰るまでが5×20!

と語る翔ちゃんや、サトぴょんの

アオ
アオ

よぉーお!

生発声による三本締めが行われたり、とレアなシーンが満載だったようだ。

一度参戦したからニュアンスはとっても伝わる。そして羨ましいし、微笑ましいし、もちろんクヤシイ(何度も言うが)。

5人の絶妙な連携で行われる珠玉のライブが、全国5大ドームで計50回。それでも参戦できないファンがいるってんだから、どーなってんだ?って話ですよ。どんだけファンおるん?って話ですよ。

もう早く観たいので、まずはNetflixでいいので、とっとと配信をお願いします!

(その後、豪華写真集付きのBlu-ray出してね)

おなじクラスにいても…

そんな嵐だけど、ご存知の通り、もともとはジャニーさんによる「寄せ集め」の集団でしかなかった。

以前、『ARASHI BRAST』でだっけ。MJ様が

ムラサキ
ムラサキ

学生時代おなじクラスにいても友だちになってなかったかもしれない…

と語ってたことが、けっこう印象的で。

ジャニーさんによる天才的な組み合わせ、というつもりもないのは、だってうまく行かなかったグループも知る限りあるからだけど。

嵐に関しては、神がかり的な組み合わせだったんだろう。

●5人中3人が辞めることを考えていた。

●いちばん前に出がちな、もしかして実質的なリーダーになる?的なMJ様がいちばん年下(※印付きだけど)だった。

さらに、

◯引っ張っていくキャラじゃないけど、歌もダンスも鬼すごいサトぴょんが、いちばん年長だから的な感じでリーダーになった。

◯2番めに年長の翔ちゃんが抜群にアタマの切れる人だし、デビューと大学進学(&もしかしたら超高級官僚だった御父上の出世の正念場?)が重なった。

◯人の良さとするっとフトコロに入れる「優しくって少しバカ」な天才で中和剤でもある相葉ちゃんがパスポートを持っていた。

◯空気が人一倍読めて言葉のチョイスを始めあらゆるセンスに恵まれたニノが5000円に釣られた。

…てな結果的に奇跡的な組み合わせとしての「嵐」になったわけなんだけど、ジジイがこのあたりを考えて思うことは、

アラジイ
アラジイ

不自由がいい結果をもたらすこともあるんだよな…。

嵐って見合い結婚っぽいなーと

昔の人は結婚相手は親が決めるというのが当たり前だったし、結婚式の日まで相手の顔を見たことがなかった、みたいな話が普通にあったらしい。

嵐だって、いまでは「絆」とか、そういう精神的なつながりで語られることが多いけど、そもそもの始まりはお見合い的なかたちで一緒になったわけで。

けれど、不自由なかたち(時代の制約とかありつつだけど)で結婚した昔の人たちが素晴らしい夫婦になった例もあるし、逆はもっとある。

ってところで思い出したけど、清朝最後の皇帝だった愛新覚羅溥儀氏の弟の溥傑氏と政略結婚させられた日本人の愛新覚羅浩さんの純愛エピソードは、昔テレビ番組でたまたま観たけど、いやー泣けた。泣けた。泣けた。本もすごく沁みた。マジで感動的だから年末年始に読んで。衝撃的な名著です。

なんかね、運命に身を委ねるみたいな考え方は「他力本願」と言われて敬遠されがちだけど、本来の他力本願って

アラジイ
アラジイ

人間が自分の力だけでできることは少ない。
他人の力添えを得て成されることがいかに多いか知るべし。

的な意味だからね(雑な解釈だから本格的な定義が知りたい人はググるべし)。

ん?なんかクリスマスから仏教的な年末に突然舵を切る日本っぽい展開になってきた気がする!

ま、少子化だし結婚する人がそもそも減ってるという昨今なので、嵐のこと見てお見合いも考えてみるかーって人が出てきたらいいなーと思うぞ。

 

いよいよ令和元年も終わる。さて、年寄はここらで大掃除にでも移ろうかの。

タイトルとURLをコピーしました