翔ちゃん相葉ちゃんに触発されて公園に行こう! | ジジイが嵐に目覚めたら

翔ちゃん相葉ちゃんに触発されて公園に行こう!

嵐全般のこと
スポンサーリンク

番宣もタイヘンだ

ラグビーのワールドカップが初めて日本で開催されるということで、NHK担当の相葉ちゃん、日テレ担当の翔ちゃんが、盛んに宣伝しておる。

とくに翔ちゃんは開幕前日の19日、日テレのあらゆる番組に顔を出してたようで、「音楽の日」に次ぐ…いや「24時間テレビ」もあったか…番宣に大忙しで思わず同情してしもうたよ。

翔ちゃんの場合は「小学生時代にラグビーやってた」というアリバイがきっちりあるからのぉ。それは受けざるを得ない。とゆーか、使命感もあるじゃろう。

ここまでプッシュする背景には、なんとか盛り上げて開催が成功だったと言わせたい協会等のもくろみもあるじゃろう。サッカーの例もある。ここでラグビー人気を定着させたいというのはよく理解できる。

プッシュに協力した局は、その後の放映権とかなんとかで有利になったり…事情は知らぬが、そんなのもあったりするんじゃろうか。バレーボールやF1のフジテレビや、サッカーのテレ朝とか。

日テレは、プロ野球が以前より稼げなくなったのが危機感としてありそうじゃ。ジジイも子どものころは巨人戦をかぶりつくように観てたが、最近は中継で『鉄腕DASH!』が潰れると「チッ!」と思うようになってしもうた。

そう思うと、ラグビー、盛り上がってほしいなぁ。けど…いまのところ公園でラグビーボールを持って走り回っている子どもは見かけない。日本が勝ち進んでさらに注目が集まってくれば変わってくるのじゃろうが…。

近所の大きな公園に隣接するスーパーのスポーツ用品売り場にラグビーボールは置いてなかったような…。明日にでもチェックしてみようかの。

スポンサーリンク

ラグビーで公園を思い出す

これはジジイに限って言えばウソで、すでにいい日差しと時間があれば、つねに公園に出かける誘惑を満たせる幸せな環境におるのです。

そもそもフリーなので仕事とプライベートの境界がほぼないってのもあるけど、基本的にインドアでパソコンに向かいまくる仕事なので、そのスタイルが自分に合ってるなーと思いつつも、鬱々としてしまう危機感もあって(よく悪夢も見るしね)。

で、先日、こーゆー記事を見つけて、思わずヒザを叩き壊しそうになったのじゃ。

緑いっぱいの公園で人は幸せに、ツイッター分析で新判明
自然が人間を幸せな気分にすることの証拠に、ちょっと変わった新たな感情分析の研究が追加された。たとえ、自然の中でスマホ画面を見つめていたとしてもである。

そういえば、子どもたちが幼かったころ、週末ごとに公園に行って、レジャーシートの上で居眠りしたら疲れが驚くほど抜けた(ジジイはそーゆーの基本的に鈍感なのじゃが)記憶があって。

土ってすげーのかも?となんとなく感じてた。

そしたら、最近、こんな記事も見つけて。

土に触れる生活が心身の健康につながる。抗ストレスの妙薬は「土壌」にあった:研究結果|WIRED.jp
土壌に生息する細菌に、抗炎症や免疫調節、ストレス耐性などの性質がある──。そんな研究結果を、米国の研究チームが発表した。アレルギーやメンタルヘルス障害の原因のひとつとして、わたしたちが

心の声が聞こえたのかどうか、大きい公園に近くに住むようになって、最近のコトバで言えば「チェアリング」というらしいんじゃけど、超コンパクトになる椅子とテーブルをトートバックに入れて、小さい保冷バッグにPVのハイボールなど仕込んで、チャリで公園に行って仕事をするふりをしてたりして。

ノートパソコンとモバイル端末があれば基本的に仕事をできるってのは言い訳的にも実質的にも助かります。

平日はひとりでレジャーシート敷く勇気はなかなかないけど、これから季節もいいし、休日はもっと積極的に寝転がろうと画策しとるのじゃ。

SNS時代は思いがけないストレスも多いし、ちょっと攻撃的になってるなーと感じたら、公園に行ってみるのはアリかもしれんと思うぞ。

ラグビーボールを持って一緒に遊んでくれる小さい友だちがいればもっといいんじゃろうけどな。

おーい、ショウ子さん、マサ子さん、楕円形のボールを持って一緒に公園に行かんかのぉ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました