ニシパの北と南

松本潤くんのこと

90分じゃたりないなぁ…

『永遠のニシパ』の感想的なものをいまさら書くけど。

MJが時代物を演じるとあって、ジジイはけっこう期待しておった。

あの、マジメなMJじゃ。きっと役を調べきって、魂を込めて、その人になるんじゃろう…と。

以前、なんの番組じゃったか、バラエティだったと思うが、短い時間で台詞を全部覚えよ!みたいな無理めの企画に立ち向かい、見事やってのけたのを目にして

さすが、ジャニーズのトップアイドルを張る覚悟が違う…

と超感心した記憶がある。

一般人にはアイドル稼業を「楽なもの」と勘違いしている向きも散見されるが、そーゆー輩ほど見る目が超浅いんじゃよな。だから批判しかできず自分を見つめ直すこともなく生涯を…おっと、これ以上のことは言うまい。

その番組企画のころ、ジジイはMJに演技キャラとのイメージをあまり持ってなかったこともあって、これは考え直さねば!と強く思ったことを覚えていて。

だから、このブログでも何度も演者としてのMJに触れてきたのじゃが。

『永遠のニシパ』…いいドラマじゃった。ほとんど知られていなかったであろう松浦武四郎という人の真摯さがよく表現されていた。

北海道150年記念ドラマ「永遠のニㇱパ」
「この男がいなかったならば、北海道は生まれなかった」幕末の蝦夷地を調査して北海道の命名者となった松浦武四郎。北海道が誕生するまでの知られざる格闘の人生を4Kでドラマ化!

執拗に?北海道を記録しつくそうと足を尽くし、時間を、思いを尽くした人柄は伝わった。

が…ちと90分は短かったかのぉ。当初ジジイは「連ドラ?」とか思ってたからなおさらじゃなー。

このブロックはネタバレ部分です

そもそも、深キョンが死ぬのが早すぎた。

主人公とのロマンス的な部分も多く描かれてのキャスティングかと思ってて、まぁそーゆー流れで盛り上がる感じもあったのじゃが、物語の3分の1ちょっと過ぎたあたりの展開じゃったよのぉ。

え?もう?と、物語の筋じゃなく尺を考えさせてしまったと思うぞ。

ロマンスだけでなく、松浦武四郎という人が北海道という地に惹かれていった理由の描写も、もっとあってよかった。

そして、出世したのはいいが、邪険に扱われて下野する部分の尺が足りなすぎて、いま再評価すべき人である理由が共感しきれんかった。

たぶん、いろんな事情があったろうし、たくさん撮って、かなりカットされたんじゃろうな。

この作品に政治的な配慮を差し挟む可能性は…たぶんほぼないと思うが。ロシアと微妙な関係にあるご時世ではあるが、そこまで踏み込んだテーマじゃないし。

なんか、どこかで監督が混乱しちゃったのか…局の都合があったのかもなーと思ってしもうた。

ディレクターズカット版とか出たら、ぜひ観てみたいもんじゃ。

演技という方向性

ジジイは、ずーっとMJには「松田優作を目指してほしい」と思っておった。

あの顔、あの目、あのスタイリッシュな雰囲気。そして洒脱さ。

『嵐にしやがれ』で演じられる『THIS IS MJ』ってコーナー企画。つまり、あーゆーキャラ設定のドラマをなぜつくらんのか?ジジイにはまったく理解不能なんじゃがな。

親友の小栗旬が『ルパン三世』を演じたらしいが(ジジイは未見なので)、むしろMJでやったほうがよかったのでは?と思う。

親友の小栗旬といえば、MJがよく呑む仲間というのは、ほぼ役者方面じゃ。つまり、本人の方向性も、そっちということじゃろうな。

今回の『永遠のニシパ』も悪くなかったが、MJのよさを存分に引き出しているとは…尺の問題もあって思えんかったなぁ、正直なところ。

ま、都合よく考えれば、MJはまだこれからの人、ってことなんじゃろうな。

そして北と南

で、MJのことじゃから、きっとアイヌの歴史とかもちゃんと調べたんじゃろうと思う。

ジジイも、すでに半世紀を生きて、それでも「アイヌが迫害されていた」のを知ったのは、つい最近のことじゃ。恥ずかしながら。

公益財団法人アイヌ民族文化財団
アイヌに関する研究、アイヌ語やアイヌ文化の振興、アイヌの伝統等に関する普及啓発等が目的。イベント情報、関連団体の紹介。

アイヌ=北海道…くらいの知識しかなかったから、いまだにちゃんと学習したわけじゃないが、迫害なんて衝撃的じゃった。

おなじように、沖縄にも日本は辛い時代を負わせておる。

日本は小さな国だ…と思っている人は多い。が、人口が1億人を超えている国って意外と少ないんじゃよなー。フランスは約6,699万人、ドイツは約8,289万人。あの広大なロシアで1億4300万人。日本とそんなに変わらん。

そして、北と南にこれだけ広い国も多くないらしい。

北海道と沖縄、どちらの端も、いろいろ迷惑をかけたってことがわかっただけでも、『永遠のニシパ』を観た価値はあったんじゃ。

沖縄の歴史はわりと触れる機会も多いから、気にかけることも少なくない。『ひめゆりの塔』とか、名作も多い。が、アイヌの歴史も、この夏、勉強してみようかな。以前図書館で興味本位で借りたことがあるけど、ろくに読まずに期限が来たんじゃった。梅雨が開けたらまた借りてみようかな。

勝手にMJに触発された、っつーことで、な。学ぶこと、成長することは、いくつになってもワクワクするからのぉ。

おーい、ジュン子さんやー。いよいよ梅雨も開けそうじゃな!

★東京・新大久保にアイヌ料理を食べて飲める店ですと!

関連ランキング:居酒屋・ダイニングバー(その他) | 新大久保駅大久保駅西武新宿駅

MJ大河あるかもね
「あの新人の役者いいじゃないか」 もうすでにツイッターで数多くリツイートされているあのエピソード、思い出しただけで口角が上がるw こんなほっこりする話、ひっっさびさに目にしたわい。 ジジイ(もちろんワタクシのことじゃ)...

コメント

タイトルとURLをコピーしました