マツジュンは昭和スター級じゃなぁ!

松本潤くんのこと

おい!小僧!乗って行けよ!

最近はあまり出てこないけどな、以前「嵐にしやがれ!」に北方謙三っちゅーオッサンが出てたじゃろ。

ハードボイルドな小説家のパイセンじゃ。

その北方謙三氏が、どこかの週刊誌かなんかで書いていたのを、そのむかし読んだことがあるんじゃが。

子どものころ?じゃったか、まぁいずれにせよ若いころのエピソードとして、石原裕次郎に声をかけられた体験のことをな、たしかこんなふうに。

「おい!小僧!乗って行けよ」
振り返ると、当時日本に数台しかなかったベンツ300SLクーペ(ガルウイング)のドアを開けて、
サングラスをかけた兄ちゃんが、こっちに手招きをする。
びっくりして子どもの私は身動きできなかったが、
それがスクリーンデビューしたての石原裕次郎だった。
何の脈絡もなく、見ず知らずの子どもに、得意のクルマを自慢してしまう。
その『普通じゃない行為と気配』に、私は圧倒された。

ちと記憶がアイマイじゃが、おおむねそんなとこじゃ。
(もしかするとこの文章自体コピペかもしれん。よくできとるもんな…)

次元の違うオーラ

なんでこんなことをいきなり書いてるか、っちゅーと、

マツジュンに対して、
このヒトはちょっと違うぜ!!!
とワシは感じているからじゃ。

そうじゃ。マツジュン、いやJと呼ばせてもらおう。ヤツからは、
昭和スーパースター級のオーラ
を感じるんじゃ。

ん?昭和スーパースター級ってどゆこと?
わからんのも無理はないか。

むかしはテレビを持っている家も多くなかったし、娯楽も少なかった。

スターといえば銀幕の、映画のスターじゃったんよ。

いまみたいに芸能人も多くないから視線が分散せん。そらもう人気も圧倒的でな。

そして、たぶん内側からしみ出てくるんじゃろうが、オーラっていうのか、それは強烈なんじゃ。

たぶん勘違いも圧倒的だったんじゃろうけどな。

しかし、そのくらいじゃないと「大スター!」はつとまらんのよ。本当は。

石原裕次郎、赤木圭一郎、小林旭、加山雄三…。

ついでに海の向こうで言えばアラン・ドロンとかジェームス・ディーンとか。

最近で言えば、ジョニー・デップとかが近いかのぉ。

スーパースターは、キャンペーンでは見つからない

数年前に石原プロとどこかの企業が

「21世紀の裕次郎を捜せ!」とかキャンペーンをやって、どこかの誰かが選ばれたけれど、知らんじゃろ?残念ながら。

そのありさまを見て、もうあのころのようなスターさんは出てこないんじゃろうな…とワシも思ったもんじゃ。

マツジュンは、いやJは、MJは、別格の大スターになれると思うんじゃよ。

驚くほどカッコイイたたずまい、顔のつくり、立ち姿…。

ジジイが見ても「ほうううううっ」って思うんじゃ。

芸能人といえばカッコイイヤツはたくさんいるが、ちょっと違うんじゃな。

目から吸い込むからな。

しかし、残念ながら、周囲も、本人も、
その可能性をまだまだ感じ切れてないんじゃよ。

それなりに器用だから、

みたいな役柄もこなすんじゃが、
やっぱし

みたいな役が合うと思うんじゃよ…。

いまの日本で、古典的正統派「超カッコイイ」をやって許せるのはJだけじゃ!

なんかいきなり長く語って疲れたわい。

あー、ジュン子さんや、お茶入れてくれんかのぉ!


マイナビウエディング


押してもらえると小躍りして喜びますのじゃ

コメント

タイトルとURLをコピーしました