ヘタウマばんざい

相葉雅紀くんのこと

FNS歌謡祭は第一夜だった

ツイッターを見てなければ、もしかしたら最初のところは観れてなかったかもしれなかった。危なかった。

しかし、FNS歌謡祭の第一夜を無事鑑賞することができました。

ツイッターにも書いたけど、最近あんまり評判がいいとは言えないフジテレビだけど、音楽番組は伝説となった『夜のヒットスタジオ』を制作していた局じゃ。あれは素晴らしかったからなぁ。とくに演出がもうゴリゴリで、楽曲の世界観をいかに解釈してお茶の間(まぁ昭和だからそう形容するが)に届けるか、もう懸命にやってたイメージがある。

ジュリーの一連のヒット曲とか、山本譲二の『みちのくひとり旅』だとか。

ごめんねー。古くて。

でも、本当に後世に残るくらいのいい映像をつくっていた。

で、バラエティはとんと落ち込み気味だけど、FNS歌謡祭に関してはキャスティングも演出も素晴らしいと思う。

もっとも生だから凝ったセットとかは組めそうもないけど、聴かせるコラボとかね、気が効いてるよなーといつも思う。

相葉ちゃんのMCについて

で、夜中に仕事とかしてるとマシンが古いこともあり、読み込みにやたら時間がかかったりする。と、ヤフーニュースとか、ついつい覗いたりするのだが。

FNS歌謡祭、相葉ちゃんのMCについてのヤフコメを読んで、もういたたまれなくなってブログを更新することにしたのだ。

そもそも、ヤフコメってのは、シニカル…てかネガティブバイアスが強いところで、ある程度辛口の感想は想像できたと言える。

先天性ジャニーズ忌避症の中2が多いところだしね。

とはいえ、「むいてない」ってのはねぇ。相葉ちゃんのキャラを何だと思ってるんだ。ざけんな!

激おこぷんぷん丸である(すでに古いが)。

あのだな。立て板に水のような淀みのないMCが必要なら、そりゃアナウンサー出身者をキャスティングするだろうよ。すりゃいいだろうよ。

しかし、FNS歌謡祭の総合演出は、相葉ちゃんを選んだのだ。

正確な技術よりキャラクターを選んだのだ。

数字を取らなければならない、という民放の使命が、相葉ちゃんに白羽の矢を立てたのだよ。

人柄という圧倒的優位性

ジジイが広告業界に入ったころ、「ヘタウマ」なイラストが爆発的に流行っていた。

それまで「スーパーリアル」といった、写真と見まがうようなイラスト手法が流行っていたのだが、それのカウンターとして現れたんじゃなかったかな。

湯村輝彦さんのイラストを、至るところで見たもんだ。いま見てもイカしてるぜ!

技巧にかかわらず何らかのかたちで琴線に触れる
Wikipedia ヘタウマ より引用

技巧的ではない。しかし、相葉ちゃんは先天的な人柄という技術?によって、人を惹きつけずにおかない。

でなけりゃ、あんなにCMのオファーは届かない。だって嵐のメンバーはかなり高いぜ!?

汗はかくし、カンペもガン見するかもしれない。

絵に描いたような「カンペキさ」ではないのだろう。

でも、だからこそ、演者もリラックスできるというところは確実にあるんだと思う。

以上のことなどなどの要素から、ご指名いただいたのが相葉ちゃんだったのだ。

2021年以降にフジ系列で新しい音楽番組を予定していて、そこのMCを考えている。…かどうかは知らない。

が、相葉ちゃんの人柄を買ったキャスティングは、これからもっと増えると思うぞ。

 

おーい、マサ子さん、第2部も楽しみじゃのぉ!

2019 FNS歌謡祭 - フジテレビ
2019/12/4(水)よる6時30分~・12/11(水)よる7時~ 2週連続生放送!45周年を迎える今年は、司会に嵐の相葉雅紀を迎え、夢のコラボレーションや時代を彩る名曲・最新ヒット曲をたっぷりお届けします

 

タイトルとURLをコピーしました