ニノとやりたい

二宮和也くんのこと

ジジイ同士のオンライン呑みにて

こういうご時世なので旧友からオンライン呑み会の誘いがあった。会議的なことは2度ほどやったけど、呑み会は初めて。話題になってるけど、どんな感じになるんかな。サシ呑みだし。

というドキドキ感が始める前は多少あった。けど、始めてみたら、勝手にいろんな話題が飛び交う。もちろん脈略なんてなく。気を使わなくていいのはいいね。

友人はテレビ番組のディレクターだ。コロナ禍でいつにも増してテレビを観ているジジイは、番協?の盛り上がりが重要な要素だったはずのバラエティが、意外にも善戦してるよなぁ!と思ってるので褒めてみたら、

後輩たちがマジでがんばってんだよ!

と喜んでおった。

リアルな場で

アラジイ
アラジイ

呑もうぜ!

とお互いLINEしてから都合がつかず1年近く、こんなことになってリモートだけど、サイフの気配も気にせずにすむので、これはこれでヨイのでは?とか酒も進むわけですわ。

なのでついでに、

アラジイ
アラジイ

じつは嵐のブログ書いてんだよ。

とカミングアウトもしてみた。べつに隠すことでもない…てか、ネタ拾えないかな?と思ったのよね。

嵐とは…ないなぁ…。

と彼は言った。

バラエティ番組制作のベテランで、嵐の前後左右でJ事務所と絡みがあった(ある)のは知ってたから、もしや?と思ったんだけどな。残念!

で、まぁ、絡みがあったJ系タレントの話とかしつつ、彼が言ったのは、

そうねぇ、嵐だったらニノとやりたいかな?

ニノさんみたいなこと

 

以前、聞いたことがあった。

Mはある程度リアクションが想像できるんだけど、Yは予測できない天才的なコメントをすることがあるんだよなー。

ニノとやってみたい!という言葉は、そこから出てきたんだろうな。

だから『ニノさん』ができたんだろうな、と。

得体の知れない、でも的確な、笑かす場面では笑かす、うなずかせる場面ではうなずかせる、そんなコメントするよね、ニノって。

いーらっしゃいませー!

われわれ紙芝居集団

この言語反射神経のキレ味ねw

言葉で笑わせるのって、めちゃくちゃセンスがいるでしょ? それを体現しているのがニノだよね。

クリエイター魂に火を付ける、っていうか、さ。

だからこそ、『ニノさん』みたいな、ニノと一緒にバラエティをつくってみたいディレクターたちが寄ってたかって遊び倒す、みたいな謎の番組が生まれたんだと思う。

今度は何が出てくるんだ?って期待しちゃうよね。

なに隠し持ってんだ?

バラエティの現場では唯一無二ともいえる絶妙なトークスキルを持ちつつ。

ハリウッドを代表する名優であり名監督のクリント・イーストウッドをはじめ、蜷川幸雄や山田洋次、倉本聰、クドカンなどお歴々にホメられる。

なもんだから、

アラジイ
アラジイ

そんなにホメられっぱなしも気持ち悪かろう?

と、コッチとしては、あらかじめ斜めから作品を観ようとするんだけど、最後には…じゃなく、わりとちゃんと最初の方から“ニノじゃなくニノが演じる役”に引き込まれてしまう。

演じていたのがニノだってことを(もちろんわかっちゃいるものの)忘れて没頭してしまう。

偽悪家?だし、カネカネ言うしw…なのに「名言」がいちばん多いのもニノじゃないか?

俳優ではございませんし、
日本では歌って踊ってますし、
5人でグループとして活躍していますし…。

『硫黄島からの手紙』でハリウッドからインタビュー受けたとき、何度も?そう答えていたというエピソードにはホントしびれる。

それでいて、小さい植物を丹念に育ててるような繊細さも感じてしまうから、やっかいだ。ほんとにやっかいだ。

まだまだ、なにかを隠し持ってるな? 出したまえ。あ、少しずつ、でいいから。もったいないから。

 

なぁ、カズ子さんや。ネトフリやアマプラとかで、もっとニノの作品が気軽に観れるようになるといいんじゃがなぁ?

(お茶はお待ちくださいね)

タイトルとURLをコピーしました