イチニのサンから? | ジジイが嵐に目覚めたら

イチニのサンから?

二宮和也くんのこと
スポンサーリンク

ワールドカップバレーからかな?

ふと、考えた。

そーいえば、どこから嵐に興味を持ったんじゃろうなぁ?

ジジイはイケ好かない舶来志向の世代だったり、いわゆる昭和からのクリエイティブ業界の価値観を引きずっていたりするので、今のようにアイドルに対してフラットな視線を持てずにいた。

「認知」したのは、ワールドカップバレーのときかな?

当時、原宿で働いていて、なにやら代々木体育館にものすごい数の女子が集まってるぞ!という話があって、昼夜を問わず仕事に追われる煤けたジジイたちは、冷めた目つきで見ていたと思う。

夜メシを神宮前のラーメン屋で食いながらイジケた目つきを向けていた輩はオレたちです。

「嵐」っていう名前のグループだ、と聞いた記憶がある。当時のメンバーたちと同じように、ジジイらもそのネーミングに違和感を持ったんだ。

スポンサーリンク

音楽?バラエティ?

そこから興味は先に進まなかったが、あとから思い出すと楽曲はよく耳にしていた。

とくに、こうやって嵐に深く浸かるようになって、あー、これもいいよねー!とか、以前から耳には入っていた曲が、あらためて響いてくる。価値を感じる。

でも、たぶん音楽からじゃない。

音楽番組とかあんまりなかったころだった気がするし、そもそもジジイは当時家になかなか帰れないブラック環境で働いておった。日曜の夜中…月曜の早朝2時から企画会議とかやっておった。世間からシャットダウンされておった。

仕事場で流れていたのはJ-WAVEで、歌謡曲とかアイドル系はまずかからなかったんじゃないかな。

そういうことなので、テレビのバラエティ番組にも疎かったと思う。

いまではこんなにテレビ大好きなのに…。

スポンサーリンク

ドラマは本質的にはニガテなんだけど…

クリエイティブ業界ってのは、自分の引き出しの多さを競うみたいなところがある。人より多く映画を見ているとか、CDをたくさん持っているとか、本を年間に百何冊読んでるとか…。しかも、通が好むようなものをよく知ってるってゆーのが価値だったりして。

どれだけ世の中のことがわかってるか、ってことのほうが大切なのにね。

昭和から平成の半ばくらいまではそんな感じだったんじゃないかな。

で、ジジイは、映画とかドラマがニガテじゃった。映画にしたら最低90分くらいは拘束される。ドラマにすれば毎週観なければ…という義務感。ちょっと覚悟をしないと観れないのが遠ざけた。そもそもじっとしていなきゃいけないのが性に合わん。

なので、企画会議とかで、ある映画の視点の新しさとか演出手法とかが話題になると、半笑いで気配を消してた。

けれど、いま思い出すと、ニノの作品はけっこう観ていたことに気づく。『流星の絆』『フリーター、家を買う』『ブラックペアン』『拝啓、父上様とか『優しい時間』とか…あ、『弱くても勝てます』も全部観たなー。あのドラマのラスト、1カットで部員たち一人ひとりに語りかけるシーンは圧巻じゃった。『GUT’S』聴くと、いまだにグッと来る。『硫黄島からの手紙』ももちろん観た。すべての拘束時間を足し上げると、ジジイにしてみたら、これはすごい達成度じゃ。

と考えると、ジジイにとって嵐とは、ニノのドラマから始まってる可能性はけっこう高い。バラエティで見せる絶品の「イケず」感ではなく、ドラマの中のニノは、最初はニノなんだけど、最後にはちゃんと登場人物として観ておるんじゃな。あの寂しさを背負った演技…というか、バックボーンに持った人柄なんじゃろうけど、そこに惹かれるんじゃな。

スポンサーリンク

いじめられてた…何もできない…が骨に

妻子に『アラシゴト』を読ませられたり、直近のラジオでのコメントとかも読んで。

子どものころのいじめられた経験とか。ジャニーズに、嵐に入って、後ろに隠れて(ゲーム以外?)何にもやってなかったとか言うけど。

前にゴリゴリ出るジャニーズタレントの映画とかドラマとかだったら、いわゆる「アイドルもの」に着地しそうなのに、幼少期の屈折感と下町で過ごした人間感が、“アイドルなのに”いい人生の陰影を描かせる役者にしている。

つまり、ジャニーズアイドルという、“ある程度の数字が計算できるキャスティング”なのに、そこに陰影のある演技が期待できる…と。蜷川幸雄とか倉本聰とか、クリント・イーストウッドとか、アイドルだからといって安易にキャスティングしない、作品主義の超一流創作人に愛された大きな理由だったんじゃろうな。

そんな多くの大御所にタメ口どころかあだ名呼びという…恐ろしい子!

なんか…こんなこと言うと自意識過剰じゃが、そんなホメるとニノが横目でチラ見しながら鼻で笑う感じがして…ニノ太郎!この野郎っ!

なんだかんだ言うが、新しい物語、期待しておるぞ!

おおーい、カズ子さんやー。そろそろ作業が落ち着いたら『検察側の罪人』観ようかのぉ。えっ、もう観た?ずるくなーい?(遅いの?)

今週末くらいから晴れるらしいからニノックス買いだめじゃー!

ソフランもじゃー!

コメント

タイトルとURLをコピーしました