がんばれサトぴょん!

大野智くんのこと

新型肺炎の影響で…

予想もしなかった展開で、2020年の前半が混乱している。

ジジイは嵐がどれだけ世界に通用するか…いや、通用は当然するとして、どれだけ世界をかきまわせるか…すなわちジャニーさんが嵐と名付けたときの気持ち

世界に嵐を巻き起こす!

を、ようやくリアルに確かめられるチャンスなのに、めちゃくちゃ悔しい気持ちでいるよ。

中止とも延期とも言ってないけど

アカ
アカ

断念…!

と翔ちゃんが評した。それは、そばで歴史に残る公演を設計していたであろうMJ様とか各スタッフの鼻息を感じていたからこそ、無念だろうと思うよ。

通称“鳥の巣”での北京公演。キャパおよそ9万人。グループ単位での外国勢としては初だったよね。それがどれくらいすごいことなのか…言えるのは、新しい国立競技場よりもデカい!ってことだよね。

なにしろ嵐は日中文化・スポーツ交流推進年親善大使になったわけだし、どこかでも書いたけど、それがどれだけのことか、翔ちゃんとかはとくにパパ様に語られてたと思う。

語られなかったかもしれんけど。いまさら。

休止できるのか

そんだけデカい仕事が、新型肺炎の影響で、いまんとこ暗礁に乗り上げていて動く気配はない。

それどころか、東京オリンピック&パラリンピックですら暗雲が垂れこめている。

現時点では1ヶ月とか1年とか遅らせる?と言ってるIOC委員がいるけど?って話だけど、1年となった場合、嵐さんはどうなるのか?

2020年いっぱいでの休止。

それが今の嵐の立ち位置だ。

が、誰も予想しなかった「新型肺炎」により、嵐の2020年のスケジュールが、すでにいろいろ混乱している(はずである)。

北京、そして国立は?TOKYO2020は?という話だ。

ここで気になってくるのは、

アラジイ
アラジイ

このまま2020年12月31日をもって休止ってできるんか?

ということだ。

サトぴょんのことを考えよう

ジジイなりに想像してみると、各方面から「休止の延期」的な?よくわからない打診とか相談がある気がする。

もしかしたら、ファン的にはよろこばしいことかもしれん。

もしかしたら、新型肺炎によって逆に救われるかも!?という事態かもしれん。

けど、サトぴょんの精神衛生的なことを考えると、どうなんだろう…と思うよ。

ジジイだって、2021年のあたまに『ババ嵐』観たいし、『しやがれ』も『VS』も、毎週のお楽しみとして残ってくれると超絶うれしい。

けど、サトぴょんは…。

お世話になった大人たちが、新型肺炎をネタに揺さぶりをかけてる絵が見えて、なんとも答えにくそうなサトぴょんがいて、そーゆー大人って他のメンバー(そーゆーときにとくに頑として守ってくれそうなMJ様とか)がいないタイミングで相談してたりしないか?と。

だとしたら、サトぴょんがかわいそうだわ。

テレビ関係者…てかマスコミ全般には、くれぐれもサトぴょんを追い込まないようにしてほしい。

最低でも一年は自由に泳がせてあげてほしい。

それがジジイの希望じゃ。

もちろん本人が心変わりして…ならいいんだけどさ。それは本当に本人の意志なのか?は大切にしてほしい。

 

な、サト子さんも、そう思わんか?

タイトルとURLをコピーしました