家族ゲームと櫻井翔の育て方

櫻井翔くんのこと

ジジイは、とっても、見直したのじゃ。

翔くんの向上心に、じゃ。

きのうの「家族ゲーム」は、
櫻井翔の脱皮ショー
じゃったな(念のため言うがオヤジギャグじゃ)。

とくに感じたのが、40分前後の、忽那詩織をふっとばすシーン。

お相手は妙齢な女性じゃ。ふつう、ちょっとためらってしまうじゃろうて。

まして自分は「アイドル」じゃからな。

けれど、躊躇なくふっとばしておったわい。忽那ちゃん、マジで痛そうじゃった。

もちろん、監督の指示じゃろう。何度かNGも出したんじゃろう。

しかし、自分の中の「狂人」をちゃんと引き出せんと、ああいう演技は無理じゃなかろうか。

アイドルながら狂人を演じる。テレビドラマで。

ある種の賭けだったんじゃろうて。

ドラマを見ながら考えていたのは、櫻井家の子育てのことじゃった。

慶応の経済学部…内部昇格にしても私学最高峰じゃ。

そこからジャニーズに就職(?)し、いまや超トップアイドル。

それだけでマージャンで言えば役満じゃ。

なのに、ニュースキャスター(最初は「役」じゃったが、いまや立派なもんじゃ)、

さらに役者としての幅も獲得しようとする…。

トリプル役満か!?

向上心じゃのぉ。

櫻井家には、
いつも上を向いていることに価値を置くような
子育てがあったんじゃろう。

現状に満足せず、つねに次を目指す、という。

それも、たぶん、「明るく楽しく」じゃ。

これはジジイも考えさせられた。

新しいことにチャレンジするのは、だんだんめんどくさくなるもんじゃ。

それは怯えでもある。

また、上を向くのが義務になってしまえば、それは負担じゃ。

勉強でも、できるやつは楽しんでるんじゃ。

うーむ、ますますスゴイな、翔くん。

おおい、ショウ子さんも見習わんとなぁ! あ、聞こえないふりか!?
(いま「VS嵐」やってるんだよ!)
sho
イーモバイル(emobile)


押してもらえると小躍りして喜びますのじゃ

タイトルとURLをコピーしました