嵐に見る人類の進化

アイドルダセー期

一般的に男子に見られる進化の初期形態である。まずは極めて初期の動物的反応としては、爬虫類脳の特徴である心拍や摂食・性行動など生命維持機能を支配する脳が、

アイドルとかバカじゃねーの?

とか言っています。

つまり、ジブンとアイドルの数少ない共通点…「オレというオス」と、キャー言う女子=「オレになぜか振り向かないメス」との関係性を飲み込めず、自己の遺伝子存続のライバルとして脊髄反射的に捉えて

アイドル=だっせぇ!

と思いたがります。

主に小学生から中2まで罹患します。

その後も症状が続く人もいます。

アイドルメニハイラン期

じぶんが気に入ることや気になることができる…つまり自我に多少毛が生えてくると、とりあえずその対象に関心をほぼすべて持っていかれてしまい、それ以外のモノゴトに対して、おおむね無関心になります。

他の人にじぶんの推しがいかに素晴らしいか力説されても

へーそうなんだ(棒)

と生返事しかできません。

しかし同好の仲間のあいだでは強い絆を持ちます。

おおむね中2以降に罹患するケースが多いですが、テレビなどのマスメディアでは扱われていない情報に価値を置く傾向があり、

インディーズのころから推してたんだよねー。

最近売れちゃってさー。

とか、じぶんがいかに目鼻が聞く(貴重な)人間かをアピールしがちです。

しかし、そこは「こんなジブンに注目して!」という深層心理が影響してると言えなくもありません。

アイドルモキクゼ期

音楽を聴いてきた、という物理的な時間が自信になって、むかしはさんざんdisってたアイドルに対しても

評価できるところはあるよね。

とか余裕をぶっこく傾向があります。お前は渋谷陽一大御所音楽評論家かっ!

邦楽のインディーズも、洋楽も聴いてきて、なんとなく評論家っぽくマウントをしがちです。たぶんマウントという単語はキライです。

ヘッドフォンとかイヤホンを選ぶとき意見を聞こうとするとめんどくさいタイプです。

哺乳類脳の傾向なんですかね?

しかし、ここでちゃんと音楽的な評価をしようとする層も出てきます。

(アイドルの音楽もちゃんと評価できるオレ)

という虚栄心が芽生えてないとは言えません。

けれど、ここで重要なのは、嵐さんについてアイドルというより音楽としての評価もするオスの哺乳類が誕生することです。

アイドルカナリイイジャン期

いろいろ音楽を聴いてきたからさーと余裕ぶっこきつつ、その上を行くレベルでアイドルの音楽がつくられてきたことに気がつきました。

シロートの浅知恵という言葉が頭をかすめますが知らんぷりします。

ネトフリでドキュメンタリーやってるよね。

感想は言いません。

サブスク解禁したんだ。

それも事実の確認です。

けれど、アイドルカナリイイジャン期のまっとうな個体は、嵐の音楽はもしかしたらちょっといいかも?と思っています。アイドルの音楽という色眼鏡を外して、音楽として好きだ、と。

じつは、サル1期のまま進化を止めていながら、いきなり4期で進化するタイプもいます。アイドルの音楽はクソ!と思いつつ、たまたま聴いたかもしれない嵐の音楽を受け入れ、へんなバイアスをかけずに評価できたら、嵐の音楽は素晴らしい。

ありがちな恋愛のポエムだけじゃない、便宜的にアイドルグループと定義されるけれど、言葉も音も、嵐の伝えるエンターテインメントは、試しに触れればふれるほど、それは沼への入り口…。

『嵐にしやがれ』は週末土曜日の落ち着き始めるくらいの時間帯で放送されるから観ちゃうよねーグルメデスマッチ面白いよねーとか思ってるし場合によっては口走ってもいます。週末だから…とかエクスキューズをかましながら『ニノさん』や『相葉マナブ』も観てたり、思わず手を振っていたり、『VS嵐』もこっそり録画して観てはトークに一緒に盛り上がったりしています。

カラオケで歌いたいけど櫻井くんのラップパートが覚えきれない…とか少し悩んでいます。

アラシハンパナイッテ期

最初はネタだったんです。しかし、そのうち、

アラジイ
アラジイ

戻れないくらい嵐が好きかも!?

というレベルに進化を遂げています。

進化のきっかけはいろいろありました。

家族が嵐にハマる。横目で見る。チェッ…とか思う。が、テレビで観る各自のキャラクターのおもしろさに「イヤじゃないかも」と思うようになる。

国民的歌手なんて大げさだけど…お、YouTubeで公式動画が観れるのか…ほぅ…へぇ…。

なんだサブスクにもあるじゃん。ためしに聴いてみるか。

あれれ。この曲、聴いたことあるわ。これも嵐なんだ。へー、これも、これも。けっこー知ってる曲あるなー。

じっくり聴くと、アレンジもかなりしっかりしてるんじゃね?

あれ?歌詞もしっかり作ってるし、メロディラインも…てか、ボーカルがちゃんとしてんじゃん。大野くんけっこうすごくね?

ラップも趣向が効いてるじゃんか。IQの高い櫻井くん…さすがじゃん。この言葉の置き方は思いつかない…むむむ?

中音域が伸びるのはニノか…あんなキャラなのにスイートな歌声なんだな…。

相葉ちゃん、松潤の声もいいアクセントになってるし、音程が外れない。

いや、意外にレベル高くね?????

…てなことを言ってるうちに、そら、もう腰のあたりまで沼に入っている。

嵐スキだー!

てな展開になってるわけですわ。実践済みですわー。

嵐を聴いて進化する

というわけで、プロフィールにも書いてあるけど、そもそもジジイはジャニーズにはポジティブではなかった。いまもその澱は少し残っている。

けれど、嵐は完全に別物だと思ってるし、アイドルと音楽とが両立するって初めて知ったわ。

その意味では(どの意味だ?)ジャニーズの新しいビジネスモデルになってくれればいいな。インバウンド的にもこういったアイドルマーケットって日本ならではのものだろうし。

SpotifyでもAppleMusicでもいいから(そこに日本のプラットフォームがない寂しさよ)、いろんな嵐を試してほしいし、運営側にはPVもふくめ動画も配信してほしいな。円盤ファンにはまた別の特典をつけるとかで差別化すればいいので。

ジジイがライブの『LUCKY MAN』で完全に持っていかれたように、どこで誰がひっかかるかわからんからねー。

https://swingroot.com/triune-brain/

いやーまーお茶飲んでる場合じゃなくてさー!

ニノ太郎

マツコのトーンで。

嵐が好きになりすぎて、距離感がつかめなくなったジジイは、最近ニノのことを

ニノ太郎!

と呼んでいることが多い。

このときの感情は、うまく説明できんのじゃよ。ディスっているわけじゃないが、どこか「コノヤロー!」というニュアンスではある。

マツコの、あのトーンに近いかもしれん。

と言っても、わからなかったらわからんわなぁ。うん。あの何ともいえない絶妙なイケズ感が、もう、好きすぎて、ディスってしまう、あの感覚なんじゃよなー。ニノ太郎!コノヤロー!

30代のなかばに何を想う?

ニノ太郎の魅力は、軽くかわすツッコミ系の芸風のわりに、ときどき「正直」を混ぜ込んでしまうところにあるとジジイは感じておる。

それって意外に高度なワザよなぁ!と感心してしまうのじゃ。

そして、アイドルと役者…というかニノの場合は敬意を表してアクターと呼ぼうか。30代のちょうどなかば。このビミョーなお年ごろで、どんなキャラ設定を考えておるのじゃろうか。

いや、全然考えてない。

そのまんま。

それも、ニノっぽい戦略かもしれん。が、ニノの戦略には、乗っても構わない、と思わせる感じがあるんじゃな。金が好きを演じる偽悪キャラ。食えないやつよ。

だからこそ、ついつい「ニノ太郎っ!」とか言いたくなってしまうんじゃよ。

カズナリくん、おたんじょうび、おめでと。フフ。

とか、ジジイがからかっても、しょーもないけどのぉ。早く「ブラックペアン」の次のびんびんじりじりさせるニノちゃんを観せてほしいもんじゃ。のぉ、カズ子さんよ!
(その前に「検察側の罪人」を観なきゃのぉ)

風呂で隠す人?隠さない人?(お詫びと訂正?)

ジジイがこんなブログを書いていることを、
アラシックであるところの家族は知っていたりするのじゃが、
「あのなぁ」
と言わんばかりのツッコミを入れられた。

いわく
相葉ちゃんは隠さない。

はいはい。

それは夜会の記憶もあったので、
そのよーなニュアンスで書いたじゃろ?
断言してないじゃろ?

加えて、

ニノも隠さない。

ときた。

ほぉぉぉ。なる&ほど。

ま、ニノは下町の子じゃからのー。
かの地では銭湯で湯が熱いからって水でうめるのと前を隠す行為は
ご隠居の怒りを買う…

こーゆー比喩もわからんかのぉ。

映画の現場ではベテランのエキストラさんがいたりするが、
「彼は隠さないんだよねぇ」
とニノの現場での振る舞いをホメていたそうじゃ。

ホメるの、そこか?

しかし、ちょっと意外じゃったのが、

翔ちゃんが隠さない!?

そーなの?見たの?

ま、たしかに、彼の場合、

意識が高すぎて

隠さない派に舵を切った可能性は低くない。

事実、そーゆー系のオトコっているんじゃなー。

ケーオーのケーザイ行きながらバンビやってたんじゃもんな。

意識の高さが隠さない道を選ばせた、というのもあるかもな。

で、意外というか、同時にさもありなんというか、

Jは隠す。

これでしょ。

なんでも、
なんかのときに、
着替え中の部屋?にノックもしないで誰か入ってきたら、
烈火のごとく怒ったとか?

誰が入ってきたのかどーゆータイミングだったのか、
教えてもらった気もするが忘れてしもうた。

まぁ、しかし、Jの場合は
どっちもある
という感じじゃったからのぉ。

隠すJあれば、
隠さぬJもあり。

マナーとかスタイルを重んじるJであれば、隠す。
ワイルドなJであれば、隠さぬ。

そして、青い人じゃが、
この人は隠すと見られているようじゃな。

さとちゃん、
やっぱし隠すと思われてるんじゃなー。

別によろしかろうて。ふつうのコトじゃ。

ごくナチュラルに、余計な話題を提示しないようにして、湯を目指す。

いっしょに温泉行きたくなったぞ。

とゆーわけで、うちのアラシックたちの総合判断によると、
ジジイの予想は5分の1.5しか当たっておらんじゃった。

Jに関しては両方張ったからのぉ……仕方なしじゃ。

にしても、そっかー、ニノと翔ちゃんは分析が足りなかったのぉ………。

て、

まーとにかく、風呂あがりにはビールじゃのぉ!
もちろん一番搾りじゃのぉ!

  

 
押してもらえると小躍りして喜びますのじゃ 

▼夏休みは名作をたくさん見て心を育てるのじゃ

ニノさんに、のむらしんぼ先生が

やれやれ、ちょーひさびさの更新じゃの。

死んでおったわけじゃないぞ。

さて、以前、何人の知り合いが嵐に直接会ったことがあるのか考えてみたことがあった。

1人いる、 確実に。そのときはそう思ったんじゃが。
(その人は某広告の仕事で相葉ちゃんと大野くんじゃった)

もう1人おった。 某番組の『東京いい店くどい店』で、これまた相葉ちゃんと、J。
お店の宣伝のためにリンクも貼っておくからヨロシクじゃ。

で、そうこうしているうちに、もう1人増えた。

昨日(4月3日)の『ニノさん』で紹介された漫画家のむらしんぼ先生じゃ。

https://kakaku.com/tv/channel=4/programID=39587/episodeID=948717/

「人生の絶頂さんどん底さん」ということで、どん底マンガ家として登場しておったが、
素顔のしんぼ先生は…サイゼリヤとガストとさくら水産が好きな、トークも面白い男前の先生じゃ。

どうしてどん底さんかというと…
最近出た「コロコロ創刊伝説」で赤裸々に語っておられるのでぜひ目を通してほしい。
ニノも買うって言っておったから必読じゃ。

[rakuten no=”9784091421401″ shop=”book” kw=”コロコロ創刊伝説(1) (てんとう虫コミックス[スペシャル])
のむら しんぼ”]
[rakuten no=”9784091423993″ shop=”book” kw=”コロコロ創刊伝説(2) (てんとう虫コミックス)
のむら しんぼ”]
[rakuten no=”9784091426772″ shop=”book” kw=”コロコロ創刊伝説(3) (てんとう虫コミックス〔スペシャル〕)
のむら しんぼ”]
[rakuten no=”9784091428912″ shop=”book” kw=”コロコロ創刊伝説(4) (てんとう虫コミックス〔スペシャル〕)
のむら しんぼ”]

しかし、人間、酸いも甘いも味わった人のほうがステキだと思うのじゃ。

しんぼ先生、いま大泉学園の「大泉カルチャースクール」でマンガ教室をやってるので、
行ってみてはどうじゃの?
ニノも習いに来るかもよ?(来ないかw)

しかし、ニノはお金もマンガも大好きだし、意外と気があったりして。

お〜いカズ子さんや、やっぱり人間は苦労して深みが出るもんじゃと思わんか?


押してもらえると非常に喜びますのじゃ

ニノは墓参りに

さる11月21日は7代目(ただし自称5代目)立川 談志師匠の忌日であった。

ジジイは師匠と生前に仕事をさせていただいたことがあった(という自慢じゃ)。

豪放磊落を演じつつ、非常に気遣いの人であった。

で、息子さんのツイートで、『赤めだか』の出演もあって、
命日にニノが墓参りに来たことを知ったわけじゃな。

[rakuten no=”4562474170949″ shop=”book” kw=”赤めだか【Blu-ray】
二宮和也”]
[rakuten no=”9784594073626″ shop=”book” kw=”赤めだか (扶桑社文庫)
立川談春”]

『母と暮らせば』もあって、年末から来年に向けて、ニノがニノらしい活躍をする。
それはとっても楽しみじゃ。

談志師匠がご存命だったら、ニノは気に入られておったじゃろう。
人との距離感の取り方が、ニノと談志師匠は、どこか似ておる気がする。

対談が聞きたかったのぉ。

嵐にいながら立川流に入門する、ってのも面白かったじゃろう。

その場合、どんな亭号をもらえてたかのぉ。

立川談嵐(だんらん)

立川錦糸町

立川ハリウッド

…泉下の談志師匠に聞かんとわからんわな。

にしても、年末から来年にかけて、またニノの演技が観れるのは楽しみじゃのぉ!

おーい、カズ子さんや、いっしょに観に行かんか?



押してもらえると非常に喜びますのじゃ
▼ピザ、ピザ、ピザって10ぺん言ってみ?