松本潤という年の重ね方

魂の言葉のオトコ。

このブログでもMJの逸材っぷりを何度も何度も何度も語っておるが…いや、逸材って言葉じゃ足らんな…その存在を的確に表現できる言葉がたぶんまだ日本語にないんじゃろうて…とにかく、年令を重ねてきたジジイが見ても、なんてカックイーのか…いや、カックイーってのも昭和っぽいな…ま、とにかく、MJに対する世間の過小評価にとっても憤っているのじゃ。

のっけから話がまとまってないな。すんませんじゃ。

しかし、きのう(2019.6.29)のNHK「SONGS」でのコメント

あっという間だったな、一瞬のように終わったなっていうような1年半にしたいし。一旦閉じると決まったから店じまいに向かうみたいなことはやるつもりはまったくないんで。ゴールの瞬間まで汗だくになりながら走りたいなって思ってますけどね。その姿をみんなに見てほしいし、そこを一緒に楽しんでもらえたらなと、いま強く思いますね。

いやー、惚れる。

この人、完全に魂で話している人なので、ホントの本気で言っていることがすんごく伝わる。

世の中で使われている言葉のニュアンスとしてはちょっと違うけど、嵐というグループとしての精神的支柱はやっぱり大野智で、しかしドライブしているのはマツジュンじゃろう。

意識を引っ張っている、という意味でのぉ。

育てた振れ幅によるキャラ。

先日の「VS嵐」でも、5×20のお得感を

「これで儲けるつもりございません!」

と、どんなテレビ通販より説得力のあるキメ顔wでおっしゃってましたが、そういった「3の線」も持ちながら、「SONGS」みたいなカッコいいことも言えちゃうんじゃから、振り幅の大きさも魅力的じゃの。

でも、聞くところによると、嵐の結成前後の年頃では「お笑い担当」だった?とかで、そう考えると、素直な10代なかばからイキったハイティーンと20代を経て、嵐のメンバーとのケミストリーで育てた振れ幅なんじゃろうな、と思うぞ。

だからこそ!平成の…ではなく令和の「探偵物語」…シャレててバカでカックイー(by昭和)なキャラクターを!と思うんじゃがなー。

松田優作超えができるのはMJ以外にいないと思うんじゃがなー。

もはや『ラッキーセブン』じゃなくてもいいので、どっかエンタメ関係者が検討してほしいのぉ。

『99.9』も悪くはなかったが、ファッションやカッコいい記号が物足りなかった!

あ、ジジイもまだ少しはエンタメ関係者じゃった。チャンスがあれば提案したいぞ!

カッコいい年の重ね方とは?

で、人生100年時代の折り返し地点を曲がったジジイとして、MJの今のスタイルが愛おしい…つーか、なんか表現がヘンじゃな…なんつーか、期待している若手が一皮むけるのを見るような…もう若手でもないけどな…とっても気になる存在なんじゃ。

どこからか始まったジャニーズの方向性のような気もするが、ちゃんとカッコいい下地がないと、3の線系は効かないからのぉ。

キムタク先輩がわかりやすいが、MJのほうがパイセンよりエロい気がする。そのエロさも、大人のエロさ、品のあるエロさでありながらバランス的にエロが強め…。

いやいやジジイが語っちゃイカンか?

まぁ、厳しい局面、ツライ目にたくさんあって、悩んで、考えて、抜けてきたんだと思う。それを表に出さずに笑いに消化するのがカックイーんだと思う。

以下、完全に妄想な。ハードルほぼなく入所そしてデビュー。たぶん自分のイメージする「アイドル像」ってあったじゃろうし、若いときはそのようにコトは進むもんだと考えてたと思うんじゃ。が、そううまくいかん。しかもメンバーは年上。おそらく序列的なものを大切にしそうなMJは、きっとかなり大きな葛藤があったと思う。ただでさえメンバー5人中3人が辞めることを考えていたグループじゃからの。そこで、オンオフいろんな経験を重ねて、多くの妥協もして、しかしその妥協で得たものも大きくて、いまの松本潤を形成しておる。

ちゃんとイキったりツッパった姿勢も持ちながら、人間のダメさとか、そういうのを笑える幅がある。それがエロカックイーんじゃよ。

MJさん、これからもっともっとエロくてカックイー男になっておくれ。

もっともっとシワが増えても、ああ、MJやっぱカックイーわーってなるはずじゃ。

だってMJだから!



マツジュンなのかJなのか

99.9おもしろかった!が

きのうおーちゃんのことをエラソーに少し語ったのじゃが、
もう片方の嵐ドラマも好調じゃったようじゃな。

99.9。けっこー楽しませてもらったわい。

このドラマ、キャスティングも良かったのぉ。
やっぱ安定の香川照之。このひとは本当にストーリーの軸を補強するし、
演技を見ていて「香川照之であること」を思い出させない。

ニノもそういうところあるのぉ、と前に書いたわい。

あとのコメディ要素を支えるキャスティングも気が利いておった。

セガワエーコ…じゃなくて、何という名前じゃったか。。。最近こういうことが多くてのぉ。ま、書き終わるころに思い出すじゃろ。

小ネタもな、効いておった。メニューもうまそうじゃった。

クックパッドに上がっとるかの?

で。ダジャレ好きで革のデイパック背負って口角がビミョーに上がってて不躾で…
という例の方ですが、とても楽しそうに現場をこなしている感じが伝わって来おった。

おなじ時期に嵐のメンバーが同時にドラマに出演する。

こういうのって、どっちかがどーなって、という感じで、明暗みたいに描くのがマスコミじゃけどな。今回は両方とも数字も評判もいいみたいで、アラシックとしては胸をなでおろしたのじゃった。

めでたしめでたし!

「彼」の方向性について

と言いつつ、じゃけどな。

ジジイは、ビミョーに、満足しきれないんじゃ。。。

99.9で、松本潤は、マツジュンとして演じておったと思うんじゃ。

対して、ジジイは前から、
圧倒的にカッコイイ
「J」が見たい!

と言い続けてきたのじゃ。

そう。。。ジジイの中での争点は、

マツジュンなのか?
J(もしくはMJ)なのか? 

ということなのじゃ。

99.9はストーリーも演出もなかなかよかったと思う。

小ネタもw

じゃけど、 そこで演じていたのは、
カッコイイけどおバカなところもあって、
嵐の個性さまざまなメンバーの中でも独自のポジションを持ち、
ボケもツッコミもこなし、
This is MJ
とか茶化されても「カッコよく」対応できる。
「マツジュン」であった。

それもいい。

け・ど・な!

ジジイは、圧倒的なアジアのスターになるはずじゃ!と、ずっと、ずっと。。。
ほんとうにずっと強く思ってるんじゃよ。

いや、アメリカの求めるアジア人像ではないかもしれん。

が、逆に新しいオリエンタルスター!というか、いいや、いいや、違う、
そういう人種を超えたハイパームービースターになれると思うのじゃ!

何度も言うが『ラッキーセブン』がその道を進むイメージじゃったのに!

ハアハアハア。。。興奮して息が切れるわい。

世界的スター戦略

じつはこんなブログも、
ジジイの信じるJの圧倒的スター性を誰か共感してくれる人が拡散してくれて、
日本のテレビ局や映画会社がそういう作品をつくってくれて、
それがハリウッドを刺激し、デビューにつながり、ジョニデくらいの立ち位置になり、
アメリカのスタジオでたまたまニノと会って握手してる写真が全世界配信される。。。
という展開を夢想して書いてたりもするんじゃ。

なので、これは真剣にJに言いたいのじゃが、
案件によって「マツジュン」やるのか「J(ないしはMJ)」やるのか、
そこはより明確に戦略的にやってほしいと切に思うのじゃ!

ま、実際は、勘のいいJのことじゃ。そこらへんはわかりきってることかもしれん。

でも、まわりにも徹底しないとな。

トータルエンターテインメントカンパニーとして、嵐をきっかけに本気で世界展開を考えてもいいと思いますぞ、ジャニーズさんは。 いやもう韓流なにするものぞ。だってJがいる。嵐がいるもんね。

ところで、香川さんはいろいろおすすめの作品があるからぜひ見てもらいたいのじゃが、彼女。。。誰だっけ。。。あー榮倉奈々ちゃんじゃった!思い出せた!

▼これメッチャおもろい!
[rakuten no=”4988003839444″ shop=”book” kw=”キサラギ プレミアム・エディション【Blu-ray】
小栗旬”]

▼本格的な夏を前にこーゆー香川氏も。
[rakuten no=”4988632502405″ shop=”book” kw=”劔岳 点の記 メモリアル・エディション
浅野忠信”]

▼てか、これがJ的キャラ作りの指針!
[rakuten no=”4988101183142″ shop=”book” kw=”探偵物語 Blu-ray BOX【Blu-ray】 松田優作”]

あーなんか熱くなってしもうた。ジュン子さんやー、なんかあっさりしたもんが食いたいのぉ。


押してもらえると非常に喜びますのじゃ

▼ドラマも思った以上にたくさんあるんだのぉ!