古い男

松本潤くんのこと
スポンサーリンク

夏と秋の間に

結局、2022年の夏も、社会が落ち着かないまま過ぎていこうとしてる。

そして、秋色を帯びつつある夏の終わりに、MJ様のお誕生日がやってくるね。

なんか、この時期というのは、去りゆく夏の背中に追いすがりたいのに追いすがれない…リアルに台風とかに引き離されちゃったりして…そんなエモい感じがある。

こないだの『相葉マナブ』、茨城県の大洗海岸でシュノーケリングで貝採りとかやってたけど、オレの夏の記憶と重なって、なんか泣きそうになってた。

人影が少なくなったぶん広く感じるビーチで、夕暮れの気配が近づき、そろそろ撤収かな…という雰囲気になって。名残惜しいように水平線の方に目をやって

アラジイ
アラジイ

♪さぁ〜らぁ〜ばぁ〜なぁ〜つぅよぉ〜

とか、まわりに聞こえないように小さな声で歌ったりして。キモい?

ジジイも、MJ様が秋寄りの夏の生まれだったら、夏寄りの秋生まれなので、勝手に

アラジイ
アラジイ

MJ様もそう感じてるよね…

とか、わかった気になってる。

前も紹介したかもだけど、この写真集のイメージが近いんだな。

これもしみるねぇ。サザン桑田作の昭和の名曲

え?なにが言いたいか?それは

エモい季節に生まれた乙女座の男はエモい!

ってことですよん。

スポンサーリンク

9月15日は天下分け目の!

しかし、嵐ファンはいつまでもそんなおセンチな気分に浸ってはいられないだろう。なんつっても、9月15日には

もしくは

がやってくる!

しかも…しかもですよ奥さん!

9月15日って、関ヶ原の戦いが起きた日なんですって!

関ヶ原の戦い - Wikipedia

狙ったの?MJ様が大群を率い日本を制覇するきっかけの日って…狙ったの?

スポンサーリンク

嵐への「操」の立て方

今回の円盤でいちばん期待しているのは、ジジイ的にはMJ様の映像編集ディレクションですねー。MJ様のことだから、映画とも違う見せ方も仕込んでるんじゃないか?と邪推してる。

というのも、その桁外れのサービス精神、ジャニーズイズムもそうだけど、活動休止以降かたくな?に音楽活動をしていないのがMJ様だから。

そりゃーきっとオファーはあったでしょ。いろいろと。

でも、活動中のメンバーで唯一、音楽活動をしてないよね。ステージの演出はしてるけど。

カバーアルバムを出したよ

番組主題歌を歌ったよ

KAT-TUN用にラップのライムを書いたよ

そういう各メンバーの活動に、アーティスト(本人たちは嫌がるだろうけどそう呼ぶのが適切だと思う)としての嵐を思い出すことができた。

そこで、ふと、思い出す。活動休止のうねりの中で、MJ様が言ってた言葉。

嵐の音楽を忘れないでほしい

この短いメッセージに、いろんな意味を感じたのはジジイだけじゃないよね。

同時に、嵐に楽曲を提供してくれた人たちへの感謝の言葉もあった。出典や詳細は忘れたけど、こんなに真摯で細かい気遣いができる人たちなんだ…と、ひとまわり以上も年下のアイドルに尊敬の念を抱いた。

だから…わかんないけど、MJ様は嵐として以外は音楽活動をしない、と決めたんじゃないか?と想像してる。

MJ様担は少し寂しいかもしれないけど、そういう律儀な、頑固な、どこか古風な操の立て方、仁義の切り方が、なんかMJ様っぽくってかっこいいなぁ、とグッとくる。

みさを【操】
心を固く守って変えないこと。節操。貞操。貞節。
Weblio 学研全訳古語辞典

で、もちろん、他のメンバーの、ここまで!と決めている感のある音楽との関わり方も、手垢にまみれた言葉だけど、嵐独特の「絆」を感じるんだよね。

なので、今回の『Record of Memories』は、嵐を、嵐の音楽を世に示せる貴重な機会だから、MJ様はいつも以上に妥協のない仕事をしてると思うのだ。

とまぁ、以上はほぼジジイの妄想ではあるけど、そう思わせるような一本気で古風な、サムライっぽいMJ様ってエモいよなぁ!と思っている次第でございます。

 

おーい、ジュン子さんやー!MJ様はきっと任侠映画とかマフィア物とかも似合うと思わんか?

タイトルとURLをコピーしました