アラシバランス(その1)

ハワイのコテージでダベるシーンが…

週末、なんだか急に集中的に嵐のことが気になったんじゃな。

嵐ブラストのハワイ…英文だったかカタカナだったか…こんなうろ覚えの表記ですまん…ジジイは細かいことを憶えられなくての…。

まぁ、ひさびさにDVDを見たんじゃな。

ああ、ニノが腰をやったんじゃった…とか、また大雨だったんじゃな…とか、ひさしぶりに思い出しながら…て言ってもハワイには行ってないがの…微笑しながら真夜中に見ておった。

ステージを見てから、オフショットを再確認しようと思ってな。なんでか知らんが。あの、5人以外は抜きで、ビールとか呑んでいろいろしゃべってるやつ。あれ、好きなんじゃよ。

「仕事仲間」だったからこそ

嵐といったところで、そもそもはジャニーさんにつくられた「芸能グループ」なわけじゃ。ビジネスグループ。このメンバーで商売しましょう、という。

とはいえ、ナマの人間がやることじゃ。うまくいかないことも多い。同事務所の中でもいろんな噂はジジイの耳にすら入ってきおる。

でも、ファンの「仲いい」妄想に応えられるかどうかは別として、メンバー全員が「このバランスでよかった」とは思ってるんじゃろうな、とは感じる。

だいたい、5人のメンバー中、3人が「やめようと思っていた」って、どうなんじゃ?それは、って話じゃよ。

で、それ以外の2名。これがキーパーソンAじゃろうなーと。相葉ちゃんとMJ。

嵐が嵐として名を成せたのは、まずMJの思いの力ありきだとジジイは感じておる。で、若い日(いまでも十分若いんじゃがのー)、いまいち熱くなれない某3人に、きっと食ってかかってたんじゃろうなーと。 いろんなかたちで。

たぶん、一番年上でリーダーなのに…って人に歯がゆくて、次の人は頭がよくて尊敬できるんだけどいまいち懐疑的なところが許せなくて、 あとの2人は推して知るべし…と。

そんな中で、MJは言外のメッセージも含めて、じぶん(=嵐)を上に向けようとしつづけたんじゃかなろうか。

もし、MJの代わりに、変にものわかりがよくて、いま流行りの「忖度」ができるタイプだったら、嵐はここまでブレイクはしてないと確信できる。

しかし、そんな年下が生意気でガンガン行くと、上の連中はシラけたり、テキトーにあしらうようになる。そこを中和させたのが相葉ちゃんだと思うわけじゃ。

本当の天然なのか、計算上の天然演じなのか…ま、たぶん前者なんじゃろうけど、相葉ちゃんがいなかったら嵐はここまで来れなかったじゃろうな。空中分解していた可能性が高い。ジジイにはそう思える。

ちょっと疲れてきたので明日(以降)に続くのじゃ!



風呂で隠す人?隠さない人?(お詫びと訂正?)

ジジイがこんなブログを書いていることを、
アラシックであるところの家族は知っていたりするのじゃが、
「あのなぁ」
と言わんばかりのツッコミを入れられた。

いわく
相葉ちゃんは隠さない。

はいはい。

それは夜会の記憶もあったので、
そのよーなニュアンスで書いたじゃろ?
断言してないじゃろ?

加えて、

ニノも隠さない。

ときた。

ほぉぉぉ。なる&ほど。

ま、ニノは下町の子じゃからのー。
かの地では銭湯で湯が熱いからって水でうめるのと前を隠す行為は
ご隠居の怒りを買う…

こーゆー比喩もわからんかのぉ。

映画の現場ではベテランのエキストラさんがいたりするが、
「彼は隠さないんだよねぇ」
とニノの現場での振る舞いをホメていたそうじゃ。

ホメるの、そこか?

しかし、ちょっと意外じゃったのが、

翔ちゃんが隠さない!?

そーなの?見たの?

ま、たしかに、彼の場合、

意識が高すぎて

隠さない派に舵を切った可能性は低くない。

事実、そーゆー系のオトコっているんじゃなー。

ケーオーのケーザイ行きながらバンビやってたんじゃもんな。

意識の高さが隠さない道を選ばせた、というのもあるかもな。

で、意外というか、同時にさもありなんというか、

Jは隠す。

これでしょ。

なんでも、
なんかのときに、
着替え中の部屋?にノックもしないで誰か入ってきたら、
烈火のごとく怒ったとか?

誰が入ってきたのかどーゆータイミングだったのか、
教えてもらった気もするが忘れてしもうた。

まぁ、しかし、Jの場合は
どっちもある
という感じじゃったからのぉ。

隠すJあれば、
隠さぬJもあり。

マナーとかスタイルを重んじるJであれば、隠す。
ワイルドなJであれば、隠さぬ。

そして、青い人じゃが、
この人は隠すと見られているようじゃな。

さとちゃん、
やっぱし隠すと思われてるんじゃなー。

別によろしかろうて。ふつうのコトじゃ。

ごくナチュラルに、余計な話題を提示しないようにして、湯を目指す。

いっしょに温泉行きたくなったぞ。

とゆーわけで、うちのアラシックたちの総合判断によると、
ジジイの予想は5分の1.5しか当たっておらんじゃった。

Jに関しては両方張ったからのぉ……仕方なしじゃ。

にしても、そっかー、ニノと翔ちゃんは分析が足りなかったのぉ………。

て、

まーとにかく、風呂あがりにはビールじゃのぉ!
もちろん一番搾りじゃのぉ!

  

 
押してもらえると小躍りして喜びますのじゃ 

▼夏休みは名作をたくさん見て心を育てるのじゃ

風呂で隠す人?隠さない人?(その2)

前回、相葉ちゃんは隠す!と言ったら、うちのアラシックたちから全否定されてもーた。

そりゃな。前回も書いたよーに、以前『夜会』でモザイクかかりながら銭湯の湯船に突入する相葉ちゃんの映像を見たおぼえはあった。

あったが、なにしろモーロクが始まっておるので、記憶が定かでないしのぉ。

しかしな、あーゆー天真爛漫に見えるタイプって、意外と最後の壁が厚くて、なかなか打ち解けきれないことがあると、これまでの人生経験が語っておったのじゃがな。

まぁ、ワシの負けじゃ。ペコリ。

しかし、それとこれと関係があるかどうかは知らんが、

『相葉ちゃん フルチン』でググると、
どっきりするほどヒットするのぉw 

ついでに嵐全員でフルチン検索してみるかのー。誰がいちばん多いかのー。ワクワク。

さて。相葉ちゃんのフルチン問題もいいが、やはり前回積み残した疑問、

翔ちゃんとJは

という大問題が控えておる。

前回の轍を踏まぬように、識者の意見を聞くという方法はあるかもしれん。

が、ここは、バクチじゃ! オノレの心が赴くままに張るのじゃ!

(つづく)

と言いたいくらいじゃが、その(つづく)の先がショボかったら目も当てられんので、ふつーにつづけると、

翔ちゃん画す。J角さんかも。

いや、 どーなの? よくわからない当て字を振ってゴニョゴニョしてますが、みんな、どー思ってるんじゃろ?

そう。翔ちゃんは前を隠すのか。否か。Jはどうなのか。

人相学行動心理学などなど総動員して答えを導き出すかのような、高等なテーマじゃ。

そして、ジジイの導いた結論は、これじゃ。

翔ちゃんに関しては自信がある。たぶん、9割9部、隠すタイプじゃ。

じつは、Jもさり気なく、俺はマナーとして隠しますよ、的な態度で隠すような気もする。

隠すというか、差し控えます、てな感じ。紳士じゃから。

が、紳士を演じつつも、内側から野生が出てきてしまうのがJじゃから、そこらへんが読みきれんわい。

どなたか決定的な情報をお持ちではないかのぉ。

あーもう風呂のこと考えてたらのどが渇いて仕方ないわい!

おーい、風呂あがりにはビールじゃのぉ!
もちろん一番搾りじゃのぉ!


押してもらえると小躍りして喜びますのじゃ

▼夏休みは名作をたくさん見て心を育てるのじゃ

風呂で隠す人?隠さない人?(その1)

春はあけぼの。夏は釣り。

東京はまだ梅雨が開けとらんが、夏がやってきておるのは間違いない。

夏…。

さとちゃんは防波堤からの投釣りをイメージしておるじゃろうて。

やったことのない女子にお伝えするが、釣りの中でいちばん手軽で、リーズナブルで、それなりに本気で釣れるのは防波堤じゃ。 釣れなくてもボーッとしているだけでもヨイのが夏の防波堤釣りなんじゃよ。さとちゃんみたいな顔で脱力しながら楽しむのがよろしい。

こんなセットでも楽しめるのが夏の釣りじゃ(釣れるとは言っとらんぞ…念のため)。

男を選ぶんじゃったら、防波堤の釣りぐらいさっさとセッティングしてくれるヤツにすべし。それがジジイの人生訓じゃ。

隠すか隠さないかがモンダイじゃ。

さて、夏は海遊びが楽しいんじゃが、そのあとはやはり「温泉」ということになるのぉ。

潮風でカラダがベチョベチョじゃろ?

伊豆あたりだと海岸そばにイカした温泉施設がいくつもあるから、そりゃ寄るのが当然じゃろ。

で………ふと思ったんじゃがな、
嵐のメンバーの中で、隠す派、隠さない派の配分はどうなんじゃろ?と思ったんじゃな。

温泉などの公衆浴場に入るとき、
前方を隠すのか、
それとも隠さないのか。
嵐のメンバーはど~なのか?

そんな興味が湧いたんじゃな。

フフフ。これは女子にはちと想像しにくい部分じゃろうて。

ジジイの観察によると、体育会系の若いヤツ、いろいろ枯れ果てたクソジジイは、
これみよがしにプラップラさせて入ることが多い。

あと子どもな。これは公衆浴場の風物詩じゃな。中坊の初期くらいまではそんな感じじゃ。

で、あとは「マナーとして」でも言うかのように、
あっさりと片手に持ったタオルでさりげなく隠すタイプが5〜8割じゃ。

中坊後期とか、自意識と羞恥心がまざった年齢は腰一周をタオルで回して、
むかしの南の国の人の腰ミノみたいな状態になってたりするが、
そんなのは多くない。
てか物理的にタオルが腰回りのサイズを覆いきれないんじゃなwww

ま、そんなのはどーでもよくて、
嵐のメンバーはどうなのか?という想像を膨らませてみると。

まず、隠す派の筆頭は、ジジイが思うに相葉ちゃんじゃろうか。
意外と人見知りのところがありそうじゃからのぉ。
9割型は隠すタイプじゃと思うんじゃよ。
…けど、以前の夜会でフルチってたような映像を見た気もするな………

次に、さり気なく隠す派は、さとちゃん、そしてニノか。

この二人は、そこらへんの感覚も近いものがある気がするのぉ。

ニノなんかはまず最初に他のメンバーと別行動して、
先にカラダをやたら熱心に洗ったり、サウナに直行したり、
フルチるシチュエーションをできるだけ避けながら入浴するタイプじゃなかろうか。

さとちゃんは、そこまでややこしいことはしないと思うが、
湯船の中では開放しつつ、外気に触れる瞬間はさりげなく隠す派じゃと見た。

そして、残りの2名が、さてどうなのかとwww

おーい、風呂あがりにはビールじゃのぉ!
もちろん一番搾りじゃのぉ!


押してもらえると小躍りして喜びますのじゃ

▼夏休みは名作をたくさん見て心を育てるのじゃ

大野智はイカなのか

こんなこと言ったら担当の娘に脇腹を思いっきり蹴り上げられるかもしれないのじゃが。

大野智という人間の味わい深さに気づいたのは、ほんとうに最近じゃ。

それまでは、どちらかというと

パッとしないリーダー係

という……痛っ! や、だから、違う、昔は、じゃ! いまは違うんじゃ!

…肋骨、ヒビ入ってないじゃろうな…

いや、以前「リーダーという役割をどう思いますか?」とか聞かれて、

「リーダーというアダ名だと思ってる」

と語ったという謙虚さ…てか、ほんとにそんな役目はイヤなんだろうけど、
まぁグイグイ引っ張っていくでもなく、冷静にハンドリングするでもなく、
みんなに支えてもらいながら…

と想像を巡らせていたら、あ、今年のカレンダーみたいな感じじゃのぉ!と。

このカレンダー初めて見たときはシビレたもんじゃw

もんじゃがしびれたわけじゃないぞ。もんじゃ。

このアホな企画をやりきってるメンバーがマジでスゴイし、
こういう企画を提案させるタレントパワーじゃ。

ジジイもクリエイターの端くれだけに、これは関わったみんなが楽しめた幸せな仕事だったことは容易に想像できるぞ。うらやましいぞ。

ま、それはそうと、さとちゃんの話じゃ。このカレンダーの役柄がじいさんなわけじゃが、
「それなりに大切にされる」「けど威厳はない」
という演出がまさにさとちゃんじゃのぉ!と思ったわけじゃ。

ヨレヨレのじいさんじゃもんな。それが似合いすぎてて怖いほどでw

この写真なんて、逝ってしまってませんか?というオイボレぶりですごいw

キャラとしてはおなじジャニーズでジジイの敬愛する城島茂リーダーも近いな。
しかし、大野智リーダーのほうが自由じゃな。
あの感じがたまらんのは、やっぱジジイがジジイじゃからか。

達観?

数年前まで本気でアイドルやめて就職しようと思っていたらしい大野智を、
最近どこか達観してしまったように見えるところがある。

アイドルであることを仕方なく思うようになったんじゃないかのぉ。
もう逃げられないや。だったら適度に楽しもうって。
といってガツガツしたりやらしくはみえない。
そこは品性の問題で、そういう育ちをしたんじゃろうな。

先日の『セカムズ』での演技もすごく目を見張ったし、
嵐が好きすぎて点が甘くなってるのか?と自分を一瞬疑ったんじゃが、
どんどんよくなってきてる気がするぞ。

その意味では、噛めば噛むほど味が出るイカのようじゃの。

夏といえばアオリイカのシーズンじゃから、どこかの防波堤で会えたらいいのぉ!

いまならドラマもないから多少焼けててもOKじゃろうて!

おーい、サト子さんやぁ!肴は炙ったイカでいいぞ!


押してもらえると小躍りして喜びますのじゃ

▼夏休みは名作をたくさん見て心を育てるのじゃ

ちょっと意外だったセカムズ

またまた久々なのじゃ。

ジジイもいろいろあって人生に右往左往しておるんじゃが、ここ数ヶ月はセカムズにだいぶ気分転換させてもらったのじゃ。

しかし…正直、ジジイにはいい意味でちょっと意外じゃったな。

大野智くんの、いや、親しみ込めて大ちゃん、いやおーちゃんと呼ぶ。

藤子不二雄先生の作品に『オバケのQ太郎』てのがあって、そのQちゃんの弟がO次郎、Oちゃんと呼ばれていたが、A先生の『怪物くん』を演じたからってその関連はないな。

[rakuten no=”9784091434708″ shop=”book” kw=”藤子・F・不二雄大全集 新オバケのQ太郎(1) 藤子・F・不二雄大全集 第3期
藤子・F・ 不二雄”]
[rakuten no=”9784091434814″ shop=”book” kw=”藤子・F・不二雄大全集 新オバケのQ太郎(2) (藤子・F・不二雄大全集 第3期)
藤子・F・ 不二雄”]
[rakuten no=”9784091434920″ shop=”book” kw=”藤子・F・不二雄大全集 新オバケのQ太郎(3) (藤子・F・不二雄大全集 第3期)
藤子・F・ 不二雄”]
[rakuten no=”9784091434975″ shop=”book” kw=”藤子・F・不二雄大全集 新オバケのQ太郎(4) (藤子・F・不二雄大全集 第3期)
藤子・F・ 不二雄”]



バケラッタ!としか(たしか)言わなんだが、かわいかったのぉ…。ジジイはドラえもんより『オバQ』世代じゃから、またテレビで流してほしいもんじゃ。

おっと。話が横道にそれてしまったかの。

とにかく、おーちゃんって、こんなに演技できるんか?というのが、素直な感動じゃった。

ま、嵐が好きでこんなブログを(ごくたまに)書いてるわけじゃから、贔屓目も否定はできん。

できんが、人生経験を半世紀も重ねたジジイじゃ。冷静に判断すべし…とオノレを戒めようとしたのじゃが、無理じゃった。

おーちゃんの演技力を
全力で見直してしまった!!!

ちょっと新鮮な驚きじゃった。

考えてみれば、数年前の24時間テレビ内のドラマで病気になって死んでしまう役があった。タイトルは思い出せんしググらんけれど。

そのときも涙腺から汁を絞られてしまったのじゃから、今さら驚くのはどうなんじゃ?とも言える。

あのドラマはシリアスじゃったが、今回も当然監督に演出はされているものの、まったくやらされてる感がなかった。きわめて自然に鮫島レイジ(漢字はわからん)じゃった。

いやいや、演技もうまいのぉ!と改めて気付かされた。しかもコメディ向いとるのぉ!と心の底から全力で関心したのじゃ。

海外のコメディと違って、日本のコメディってやはりどこか照れがあったり自己主張にブレーキを踏んだりするところがあるほうが共感しやすいと思うのじゃが、まさにリアルな性格もうってつけなのかもしれん。

そこで頭をよぎるのは、演技はニノのテリトリーでは?というジジイの勝手な嵐のメンバー間の守備範囲イメージ、棲み分けについてなんじゃが、おーちゃんはジジイの中ではアートの人って位置づけじゃった。それが演技もイケておる。同時期にやってたJの99.9も面白かったし、いくら贔屓目と言っても「嵐の人たちほんとマルチでスゴイ!」的な小学生的な感想でいいのかジジイ?と。

こういうのをことわざでなんというんじゃっけ?

ともかく、この人の演技面での才能を低く見積もっちゃいかんな、ということじゃった。

いやー、セカムズ、面白かったわい。

Jの99.9もよかったけど、その感想は別に書くかも、じゃ。

おーい、さと子さんや、セカムズの感想、縁側で朝まで語り合おうかのぉ!


押してもらえると非常に喜びますのじゃ

▼全話見逃してたって2週間¥0だったら速攻コンプリートできる!