アラシバランス(その1)

ハワイのコテージでダベるシーンが…

週末、なんだか急に集中的に嵐のことが気になったんじゃな。

嵐ブラストのハワイ…英文だったかカタカナだったか…こんなうろ覚えの表記ですまん…ジジイは細かいことを憶えられなくての…。

まぁ、ひさびさにDVDを見たんじゃな。

ああ、ニノが腰をやったんじゃった…とか、また大雨だったんじゃな…とか、ひさしぶりに思い出しながら…て言ってもハワイには行ってないがの…微笑しながら真夜中に見ておった。

ステージを見てから、オフショットを再確認しようと思ってな。なんでか知らんが。あの、5人以外は抜きで、ビールとか呑んでいろいろしゃべってるやつ。あれ、好きなんじゃよ。

「仕事仲間」だったからこそ

嵐といったところで、そもそもはジャニーさんにつくられた「芸能グループ」なわけじゃ。ビジネスグループ。このメンバーで商売しましょう、という。

とはいえ、ナマの人間がやることじゃ。うまくいかないことも多い。同事務所の中でもいろんな噂はジジイの耳にすら入ってきおる。

でも、ファンの「仲いい」妄想に応えられるかどうかは別として、メンバー全員が「このバランスでよかった」とは思ってるんじゃろうな、とは感じる。

だいたい、5人のメンバー中、3人が「やめようと思っていた」って、どうなんじゃ?それは、って話じゃよ。

で、それ以外の2名。これがキーパーソンAじゃろうなーと。相葉ちゃんとMJ。

嵐が嵐として名を成せたのは、まずMJの思いの力ありきだとジジイは感じておる。で、若い日(いまでも十分若いんじゃがのー)、いまいち熱くなれない某3人に、きっと食ってかかってたんじゃろうなーと。 いろんなかたちで。

たぶん、一番年上でリーダーなのに…って人に歯がゆくて、次の人は頭がよくて尊敬できるんだけどいまいち懐疑的なところが許せなくて、 あとの2人は推して知るべし…と。

そんな中で、MJは言外のメッセージも含めて、じぶん(=嵐)を上に向けようとしつづけたんじゃかなろうか。

もし、MJの代わりに、変にものわかりがよくて、いま流行りの「忖度」ができるタイプだったら、嵐はここまでブレイクはしてないと確信できる。

しかし、そんな年下が生意気でガンガン行くと、上の連中はシラけたり、テキトーにあしらうようになる。そこを中和させたのが相葉ちゃんだと思うわけじゃ。

本当の天然なのか、計算上の天然演じなのか…ま、たぶん前者なんじゃろうけど、相葉ちゃんがいなかったら嵐はここまで来れなかったじゃろうな。空中分解していた可能性が高い。ジジイにはそう思える。

ちょっと疲れてきたので明日(以降)に続くのじゃ!



嵐の育て方

ジャニヲタの2タイプ?

で。

報道ステーションでもNEWS ZEROでもこの話題に触れることなく、そりゃーそーだ、と思ったのが9割、なんらかのアンサーがあってもよかったのに、とニュース以外のショーを若干期待していたのが1割。

なんだかなーと思っていると、

娘が何やら達観していると妻が言うのでインタビューしてみたが。


ジャニヲタには2通りいて、
1つが恋愛シュミレーション型、
もうひとつが育成型。


ん?どゆこと?

“まぁ、疑似恋愛の対象として彼らを見ているのか、
芸能活動のプロセスを同時に歩みながら成長を楽しんでいるのか?の違いかな”

なるほど。
しかし、ずいぶん観念的なことを言うもんじゃなーと感心してもうた。

同時に育つのは別れをはらむ。

でも、ジジイも30〜40代で育成シミュレーションゲームにハマり倒したことがあるので、前者のことはなんとなくわかるぞ。

ただ、ジジイのケースは、スキャンダルなど出るわけのない二次元じゃったからのぉ。リアルなところで噂とか立った日にゃーどういう心境になったのかわからん。

育成の視点は親だったり近親者の視点じゃろうが、
恋愛シミュレーションは対象が自分じゃからな。

もちろん、後者の視点がイカンということは言えるはずもない。

ただ、こういう心の痛みとともに、人間は育っていくんじゃなぁ…
と『ときめきメモリアル』をやり倒してジジイも心に刻んだのじゃ。

 

翔ちゃんはプログラムの人じゃないから

ジジイは思うのじゃが、 どういう愛し方であれ、翔ちゃんは生身の人間なんじゃよな。プログラムで都合よく動く人じゃない。ジジイは『ときメモ』やりながら思いをはぐらかされて何度モニターの前で(脚色でなく)涙ぐんだことか…。リアル翔担もいま同じ(ような)思いをしているんじゃろうな。

ジジイの場合と違うのは、それがリアルなことで、リセットすれば話がなかったことになるわけじゃないところじゃな。

でも、心にさまざまな思いのヒダをもった人のほうが、人間として魅力的ではある。

翔ちゃんのことを真正面からショックとして受け止めた人は、きっと成長すると思うぞ。

おーい、翔子さん、ん?今日は一人か。ま、春を迎える空でも一緒に見ようかの。



例の女子アナについて(小川彩佳さんのことを考えてた)

じつは、数週間ほど前、ふと

「そういえば報道ステーションの女性キャスターってどんな人じゃったっけ?」

という「?マーク」が突然アタマに浮かんだことがあったんじゃ。

きっかけは何じゃったか忘れた。

基本的に毎回見ているはずなのに、はて、どんな人じゃったか、
イメージが脳内で像を結ばない。

で、その夜のオンエアで確認して、
「おお、こういう娘じゃったな」
と。

報道ステーションでしか見たことないが、
こういう娘でも仕事が終われば飲みに行ったりカラオケ歌ったりするんじゃろうな…
と妄想してみたのじゃが、あまり発展せんじゃった。

きれいな目鼻立ちで聡明そうなんじゃが、なんつーか、
印象が薄い
娘さんじゃなーと思ったわけじゃ。

たとえば、ちょうどさっきテレビに出ていた夏目三久という人も、
もともと日テレの局アナだったらしいが、けっこうインパクトがある。

ミトちゃんときた日にはジジイの夢に出演交渉したいくらいの印象の強さじゃ。

けれど、あの小川彩佳さん…小川アナという名前も、今日ようやく覚えた感じ。
なんじゃろうな。この印象に残らなさは。

と考えていて、少しだけ「これかな?」と思った理由は、
なんか整いすぎてる?
からかもしれんと。

キャラクターをつくるとき、よく
「マイナスαを設定する」
という。

たとえばドラえもんなんかわかりやすいが、
猫(型ロボット)なのにネズミが苦手、とか。

櫻井翔さんなら、
なで肩や私服のセンスがよく取り上げられるわな。

そうやって親しみを感じさせることで身近な存在になる。

報道のキャスターだから不要だったのかもしれんがな。

しかし、思った以上に好意的な受け取り方が多かったのはちょっと意外じゃったな。

うちの翔担もひきつりながら
「認めんでもない」
的な立ち位置をアピールしておった。

まぁ、どっちも家系的にすごいので、
われわれ庶民としては想像の範疇外として
思考停止に追いやられておるのかもしれん。

ま、翔ちゃんもいい年の男じゃ。
あまりにその手の噂がないと、あらぬことを言われるかもしれんからの。

しかし、気になることがひとつだけある。

小川彩佳アナ、
身長168cm! 

おーい、翔子さんや、月曜のニュース番組がちょっと楽しみじゃの?


押してもらえると小躍りして喜びますのじゃ
グアム オプショナルツアー

風呂で隠す人?隠さない人?(お詫びと訂正?)

ジジイがこんなブログを書いていることを、
アラシックであるところの家族は知っていたりするのじゃが、
「あのなぁ」
と言わんばかりのツッコミを入れられた。

いわく
相葉ちゃんは隠さない。

はいはい。

それは夜会の記憶もあったので、
そのよーなニュアンスで書いたじゃろ?
断言してないじゃろ?

加えて、

ニノも隠さない。

ときた。

ほぉぉぉ。なる&ほど。

ま、ニノは下町の子じゃからのー。
かの地では銭湯で湯が熱いからって水でうめるのと前を隠す行為は
ご隠居の怒りを買う…

こーゆー比喩もわからんかのぉ。

映画の現場ではベテランのエキストラさんがいたりするが、
「彼は隠さないんだよねぇ」
とニノの現場での振る舞いをホメていたそうじゃ。

ホメるの、そこか?

しかし、ちょっと意外じゃったのが、

翔ちゃんが隠さない!?

そーなの?見たの?

ま、たしかに、彼の場合、

意識が高すぎて

隠さない派に舵を切った可能性は低くない。

事実、そーゆー系のオトコっているんじゃなー。

ケーオーのケーザイ行きながらバンビやってたんじゃもんな。

意識の高さが隠さない道を選ばせた、というのもあるかもな。

で、意外というか、同時にさもありなんというか、

Jは隠す。

これでしょ。

なんでも、
なんかのときに、
着替え中の部屋?にノックもしないで誰か入ってきたら、
烈火のごとく怒ったとか?

誰が入ってきたのかどーゆータイミングだったのか、
教えてもらった気もするが忘れてしもうた。

まぁ、しかし、Jの場合は
どっちもある
という感じじゃったからのぉ。

隠すJあれば、
隠さぬJもあり。

マナーとかスタイルを重んじるJであれば、隠す。
ワイルドなJであれば、隠さぬ。

そして、青い人じゃが、
この人は隠すと見られているようじゃな。

さとちゃん、
やっぱし隠すと思われてるんじゃなー。

別によろしかろうて。ふつうのコトじゃ。

ごくナチュラルに、余計な話題を提示しないようにして、湯を目指す。

いっしょに温泉行きたくなったぞ。

とゆーわけで、うちのアラシックたちの総合判断によると、
ジジイの予想は5分の1.5しか当たっておらんじゃった。

Jに関しては両方張ったからのぉ……仕方なしじゃ。

にしても、そっかー、ニノと翔ちゃんは分析が足りなかったのぉ………。

て、

まーとにかく、風呂あがりにはビールじゃのぉ!
もちろん一番搾りじゃのぉ!

  

 
押してもらえると小躍りして喜びますのじゃ 

▼夏休みは名作をたくさん見て心を育てるのじゃ

風呂で隠す人?隠さない人?(その2)

前回、相葉ちゃんは隠す!と言ったら、うちのアラシックたちから全否定されてもーた。

そりゃな。前回も書いたよーに、以前『夜会』でモザイクかかりながら銭湯の湯船に突入する相葉ちゃんの映像を見たおぼえはあった。

あったが、なにしろモーロクが始まっておるので、記憶が定かでないしのぉ。

しかしな、あーゆー天真爛漫に見えるタイプって、意外と最後の壁が厚くて、なかなか打ち解けきれないことがあると、これまでの人生経験が語っておったのじゃがな。

まぁ、ワシの負けじゃ。ペコリ。

しかし、それとこれと関係があるかどうかは知らんが、

『相葉ちゃん フルチン』でググると、
どっきりするほどヒットするのぉw 

ついでに嵐全員でフルチン検索してみるかのー。誰がいちばん多いかのー。ワクワク。

さて。相葉ちゃんのフルチン問題もいいが、やはり前回積み残した疑問、

翔ちゃんとJは

という大問題が控えておる。

前回の轍を踏まぬように、識者の意見を聞くという方法はあるかもしれん。

が、ここは、バクチじゃ! オノレの心が赴くままに張るのじゃ!

(つづく)

と言いたいくらいじゃが、その(つづく)の先がショボかったら目も当てられんので、ふつーにつづけると、

翔ちゃん画す。J角さんかも。

いや、 どーなの? よくわからない当て字を振ってゴニョゴニョしてますが、みんな、どー思ってるんじゃろ?

そう。翔ちゃんは前を隠すのか。否か。Jはどうなのか。

人相学行動心理学などなど総動員して答えを導き出すかのような、高等なテーマじゃ。

そして、ジジイの導いた結論は、これじゃ。

翔ちゃんに関しては自信がある。たぶん、9割9部、隠すタイプじゃ。

じつは、Jもさり気なく、俺はマナーとして隠しますよ、的な態度で隠すような気もする。

隠すというか、差し控えます、てな感じ。紳士じゃから。

が、紳士を演じつつも、内側から野生が出てきてしまうのがJじゃから、そこらへんが読みきれんわい。

どなたか決定的な情報をお持ちではないかのぉ。

あーもう風呂のこと考えてたらのどが渇いて仕方ないわい!

おーい、風呂あがりにはビールじゃのぉ!
もちろん一番搾りじゃのぉ!


押してもらえると小躍りして喜びますのじゃ

▼夏休みは名作をたくさん見て心を育てるのじゃ

風呂で隠す人?隠さない人?(その1)

春はあけぼの。夏は釣り。

東京はまだ梅雨が開けとらんが、夏がやってきておるのは間違いない。

夏…。

さとちゃんは防波堤からの投釣りをイメージしておるじゃろうて。

やったことのない女子にお伝えするが、釣りの中でいちばん手軽で、リーズナブルで、それなりに本気で釣れるのは防波堤じゃ。 釣れなくてもボーッとしているだけでもヨイのが夏の防波堤釣りなんじゃよ。さとちゃんみたいな顔で脱力しながら楽しむのがよろしい。

こんなセットでも楽しめるのが夏の釣りじゃ(釣れるとは言っとらんぞ…念のため)。

男を選ぶんじゃったら、防波堤の釣りぐらいさっさとセッティングしてくれるヤツにすべし。それがジジイの人生訓じゃ。

隠すか隠さないかがモンダイじゃ。

さて、夏は海遊びが楽しいんじゃが、そのあとはやはり「温泉」ということになるのぉ。

潮風でカラダがベチョベチョじゃろ?

伊豆あたりだと海岸そばにイカした温泉施設がいくつもあるから、そりゃ寄るのが当然じゃろ。

で………ふと思ったんじゃがな、
嵐のメンバーの中で、隠す派、隠さない派の配分はどうなんじゃろ?と思ったんじゃな。

温泉などの公衆浴場に入るとき、
前方を隠すのか、
それとも隠さないのか。
嵐のメンバーはど~なのか?

そんな興味が湧いたんじゃな。

フフフ。これは女子にはちと想像しにくい部分じゃろうて。

ジジイの観察によると、体育会系の若いヤツ、いろいろ枯れ果てたクソジジイは、
これみよがしにプラップラさせて入ることが多い。

あと子どもな。これは公衆浴場の風物詩じゃな。中坊の初期くらいまではそんな感じじゃ。

で、あとは「マナーとして」でも言うかのように、
あっさりと片手に持ったタオルでさりげなく隠すタイプが5〜8割じゃ。

中坊後期とか、自意識と羞恥心がまざった年齢は腰一周をタオルで回して、
むかしの南の国の人の腰ミノみたいな状態になってたりするが、
そんなのは多くない。
てか物理的にタオルが腰回りのサイズを覆いきれないんじゃなwww

ま、そんなのはどーでもよくて、
嵐のメンバーはどうなのか?という想像を膨らませてみると。

まず、隠す派の筆頭は、ジジイが思うに相葉ちゃんじゃろうか。
意外と人見知りのところがありそうじゃからのぉ。
9割型は隠すタイプじゃと思うんじゃよ。
…けど、以前の夜会でフルチってたような映像を見た気もするな………

次に、さり気なく隠す派は、さとちゃん、そしてニノか。

この二人は、そこらへんの感覚も近いものがある気がするのぉ。

ニノなんかはまず最初に他のメンバーと別行動して、
先にカラダをやたら熱心に洗ったり、サウナに直行したり、
フルチるシチュエーションをできるだけ避けながら入浴するタイプじゃなかろうか。

さとちゃんは、そこまでややこしいことはしないと思うが、
湯船の中では開放しつつ、外気に触れる瞬間はさりげなく隠す派じゃと見た。

そして、残りの2名が、さてどうなのかとwww

おーい、風呂あがりにはビールじゃのぉ!
もちろん一番搾りじゃのぉ!


押してもらえると小躍りして喜びますのじゃ

▼夏休みは名作をたくさん見て心を育てるのじゃ

翔とタッキー(『夜会』視聴感想文)

その昔、まだジジイもコピーライターとして鼻息が荒いころがあった。

半世紀…20年くらい前じゃったかの。当時はまだゲーム業界も群雄割拠で、いまやセガというメーカーも説明が必要になったくらい変わってしもーたが、プレステが出始めたころじゃったか、社運をかけてドリームキャストとゆーゲーム機を出した。今では知るものも少ないがの…。そのCMキャラクターとして滝沢くんがキャスティングされたんじゃな。

このCMはその自虐性で話題を呼んで、広告賞をいくつも獲ったはずじゃ。が、ゲーム機自体は、いまはもうない。栄枯盛衰…。

ジャニーズ自体もいまほど元気がなかった気がするな。少年隊とかの時代じゃったか…。いまよりもちょっとおとなしい時代じゃったと思う。

SMAPも出てきつつあったが、まだ6人だったし、いまの嵐やTOKIOみたいに年寄りにも知られて人気のあるジャニタレなんて、たしかいなかった。

その中で、滝沢くん。一般に名前を知られた若いジャニタレの代表格…てかそれ以外の人はファン以外は知らんわけじゃ。

そんな懐かしいことを思い出しながら、『夜会』の翔ちゃんとタッキーの回を(録画じゃけど)観たわけ。

妻から

「ジジイはきっと思うことがあるんじゃないの?」

と言われておったわけじゃが、冒頭の広告業界の記憶もあり、とても興味深く見ることができたんじゃ。

えーと。こういうことを言うと怒られるかもしれんが、タッキーの時代を遠くから見て現在に至るジジイとしては、「ふたりの関係は逆転してしまった…が、」と。

が、のあと。ここが今回の奇跡の対談の核心じゃな。

番組では、ずっと翔ちゃんの瞬きの回数を言っておったが、それ以外にも注目すべきポイントはいくつかあった。シロート心理分析をしてみるべ。

1.最初、外野の多い店に行った。

→これは、ノイズが多いところのほうが、緊張関係の2人だけで飲む場合、適度に気が紛れていいこと。 タッキーによる店のチョイスだったようじゃが、そういう深層心理に導かれておるな。加えて、あえて雑な(失礼!)店を選んだことで、「腹を割って話したい」というタッキーからのメッセージになっとる。喉を湿らせ次の展開に持って行くにはベストチョイスじゃの。翔ちゃんへの気遣いとタッキー自身の緊張緩和という役割があったと思う。

2.冒頭は敬語+先にタッキーを歩かせた。

→翔ちゃん、やはりというべきか、タッキー登場時の第一声は敬語じゃったな。そしてロケ店探しに歩き始めたときタッキーを先にした。翔ちゃんはたぶん無意識にでもジャニーズルールで先輩として「立てすぎてしまう」ところをどうにかしたかったんじゃないかと思うんじゃが、有吉が言うように「溝があった」ことは間違いないんじゃろう。

3.2軒目での翔ちゃんの腕組み。

→腕組みは防御反応の現れというのはよく言われることじゃが、サシ飲み2軒目、まわりのガヤがなくなった当初の翔ちゃんの腕の組み方。これは注目じゃな。自然な組み方じゃないじゃろ? 「まだ打ち解けられない」「自分を出し切れない」というメッセージじゃろう。片やタッキーは腕組みしているシーンがない(たぶん)。これは、おそらくじゃが、タッキーが「翔くん、おれは(もう)キミのこと認めてるから」ということじゃないかと。スタートはタッキーのリードじゃったけど、いまや嵐にはかなわない。それを素直に認めてるんだ…と伝えたかったんじゃないか、と思う。ところが、タッキー全盛期に、いつジャニーズを辞めるか斜め上から考えていたのに、いまや各方面から持ち上げられている翔ちゃんとしては、やっぱし座りの悪さを感じてたんじゃろ。しかもタメ年じゃからな。最後のほうは腕組みやめておったから、それなりに伝えることは伝わった気がしたんじゃろうな。

ま、というテキトーな分析をしながら録画を観たわけじゃが、今後プライベートで翔ちゃんがタッキーを誘うんじゃないかな。もっと話をしたい感じがあった。

これもデトックスじゃのー。夏前には必要な儀式じゃ。違うか?

あんましカンケーないが、冒頭でかかってたピンク・フロイドの「吹けよ風 呼べよ嵐」を置いとくかな。

おーい、ショウ子さんやー。あれ?どこ行ったんじゃ?タキ子さんと呑みに行ったんか?


押してもらえると非常に喜びますのじゃ

▼夏の思い出が映画ってのもイイんじゃないかの???

翔ちゃんに宇宙を聞きたい。

今年のわくわくで誰が何をやったのか質問したのじゃが、娘はあんまり詳しく教えてくれなんだ。

同じ空間を共有した妻と語るほうが楽しいようで、ジジイからの質問は7秒後には中に浮かんで消えていった。

仕方ない。そんなもんじゃよ、ジジイなんて存在は。

一応、誰がどんなことをやったの?と聞いたら、ジジイは翔ちゃんのが好きだと思うよ、と教えてくれた。

翔ちゃんは宇宙の話をしたんだよ。

でも、それしか教えてくれなんだ。

何度も言うのも悲しいが、そういう扱いをされるのがジジイってもんじゃ。

同じ食卓を囲みながらも娘と妻が2人で盛り上がる中、違う銀河のようにどんどん離されていく空間を感じながらも、ぼんやりと宇宙のことを考えておったのじゃ。

むかし、ジジイが子供のころ、いちばんでかい星についての本を読んだ。それによると「ぎょしゃ座のイプシロン星の伴星」がいちばん巨大ということになっていたのじゃが、その単語でググってもでかいことについてはわからなかった。

少年の日から40年くらい経ってたりするので、科学はいろいろ変わっておるのじゃろう。それはそれで仕方ない。

でも、星の世界を想像すると、人間の営みやら悩みやらはほんとに小さいことじゃのぉ…と思えてくる。

ちょっとビックリするような、宇宙の大きさについての真実

というリンクを貼っておくので、翔ちゃんのように知的好奇心旺盛な子は眺めてみるといいかも。

翔ちゃんが何を語ったのかは話題から転げ落ちたので聞けなかったけど、夏、月があけるとすぐに七夕じゃ。ロマンチックなテーマはさすが翔ちゃんじゃな。

おおーい、ショウ子さんやー。ほら、縁側で、ジジイの横で、星でも見んか???


押してもらえると非常に喜びますのじゃ
▼セカムズを一気に見れるなんて素晴らしいのじゃ!