なんで嵐でブログを書こうと思ったんじゃろうか?

ふむ。言われてみれば、われながらよくわからんわい。

しかし、たしかなこともある。

それは、嵐について語りたいジジイもいる、ってことじゃ。

そもそも、オトコっていう生き物は、
ジャニーズがキライじゃ。

生物学的に言えば、優性維持の法則と言おうかの。
じぶんより優れている個が近くにいたら、じぶんのDNAを残せるチャンスが少なくなる。
だからじぶんよりモテるオトコが嫌いじゃ。

けれど、そのモテるヤツが、
じぶんに偉ぶらない「いいヤツ」だったりすると、
態度はいきなり変わったりするもんじゃ。

その優れた個の近くにいることで、逆に遺伝子を残すチャンスが増えるかもしれない。

つまり、おこぼれに預かれるかもしれない。

やれやれ、オスという生き物はツライのぉ…。

むかしのジャニーズは、そらもう一切信用できんかった。

キャーキャー言われて、挨拶もない。

わしらの縄張りから根こそぎ獲物を持って行く。
そんな投げキッスじゃ。

ガルルル!と精いっぱいにらんでも、わしらハイエナはアウト・オブ・眼中じゃった…。

風向きが変わってきたのは少年隊くらいじゃったかの。

ラジオ番組のトークがぶっちゃけてて面白い、とウワサになった。

SMAPの時代になって、ジャニーズなのにアホ、という禁じ手も晒すようになった。

嵐になって、
アイドルなのにゆるキャラ
ってのが共感を生んだんじゃな。

あの5人を見ていると、なんとなく半笑いになるんじゃ。

僕たちこんなんでごめんねー!

そう言っているかのようじゃ。

仲のよさもちゃんと伝わってくる。

なのに、ひとりひとりは、ちゃんとカッコイイ。

それぞれ優れたキャラと武器を持っている。

オトコにとって許せるジャニーズは、
居酒屋でジジイのボケにノリツッコミ入れてくれそうじゃろ?

まったく、誰かさんも見習ってもらいたいもんじゃの。

ん?誰もおらんのか?おーい!おーい!おーい!


押してもらえると小躍りして喜びますのじゃ